→公式サイト「勝利の方程式」はこちら


2009年04月27日

G7の影響は限定的

 ユーロドルは3日続伸。一時1.3302ドルまで上げた。ドイツのIfo経済研究所が発表した4月の独企業景況感指数が83.7と前月の82.1から上昇し、ユーロ圏景気の先行き懸念が緩和したためユーロ買い・ドル売りが続いた。ただ、1.3300ドル台では戻り売りが厚かったほか、週末で利益を確定する動きも出て上値を切り下げて引けた。米連邦準備理事会(FRB)が発表したストレステストに関する白書で、ほとんどの銀行が資本が十分であるものの、景気後退に対処するには相当規模の資本を持つ必要があると指摘されたことも、投資家のリスク志向を後退させて一時ユーロ売り・ドル買いを誘ったとの指摘が あった。 

 ドル円は3日続落。24日の日欧市場でクライスラーの破産法適用申請観測を背景に仕掛け的な円買い・ドル売りが膨らんだ流れを引き継いだ。米国市場では、時間外のダウ先物が値を上げたことや、現物の米国株が買われたことなどを背景にショートカバーが入り97.43−45円まで 値を戻す場面があった。もっとも、東京市場で下げ足を速めた97.50円に接近すると戻り売りが厚く再び値を下げた。
 7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の声明の草案が伝わったものの、大きな変更点がなかったこともあって反応は見られなかった。

 ユーロ円は小反落。対ドルで円が買われた影響を受けた。もっとも、ユーロドルが買われたため下値は堅かった。

(GI24から引用)









FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。
→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato

コメント一覧

1. Posted by ととと   2009年04月27日 07:36
初めて書き込みます。

レバレッジ規制について、まったく馬鹿げている。
誰も得しないこの法案、酷い酷いとブログなどでボヤク人は多いけど、
これは実際にお役所にこの法案のバカバカしさを分からせる為にもデモ行進などを企画すべきではないかと・・。
2. Posted by 超強気   2009年04月27日 12:12
ドル円、クロス円は週足ゴールデンクロス、13週線の真上。まだまだ上昇トレンド継続確認済み。 
ここはいい押し目。たっぷりの買い場。
3. Posted by >1   2009年04月27日 15:56
いいえ、レバレッジ規制はどんどんやるべきですよ。いっそうのこと5倍以内くらいがいいと思う。
4. Posted by レバレッジ規制   2009年04月27日 17:51
お金持ちは、関係ないでしょう
底辺からでも、上がれるものを
失くしてどうするというのだろう?

バクチになるからいけないというのなら
政府直営の中央競馬の、手数料25%は
競争相手がないから、下がらないではないか?
政府が儲かるものはよいのか?
民間が儲かるものはダメなのか?
税金が税収となる、内需は拡大する

清水の次郎長だって、手数料は10%だった
中央競馬会の農林省様、手数料を下げてくれよ
5. Posted by >1   2009年04月27日 18:37
たかが数十万のお金で、レバ10倍で金額にして数百万円の取引、数百万のお金で数千万円の取引が出来るなんて全くバカげてる。 
かの欧米ヘッジファンドも、なんて無謀なんだろうとあきれかえってるよ。
10パーセントの価格変動で保証金を全て失う。
格好の餌食になるだけだよ。
まっ、もっともたいした元金も、余裕もない人はfxなんてやるべきじゃないね。
6. Posted by LTCM   2009年04月27日 22:04
は、霊感的能力はなかった
知性的能力だけでは完璧だった
点と線と両方ないと
都市を結ぶ道路にならない

霊感を使わない生活はそれが退化する
最高学歴のある人がもったいない
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)