2019年03月21日

ドル円、4日続落

・ドル円は4日続落し、4時過ぎに一時110.54円と2月27日以来の安値を付けた。FRBは今日まで開いたFOMCで市場予想通り政策金利の据え置きを決定した。公表した声明文では「米経済活動の拡大は昨年第4四半期の堅調なペースから減速した」と指摘。先行きの政策金利の調整には慎重姿勢を維持し「(利上げを)我慢できる」とした。また、金利見通しでは年内の利上げ回数の中央値が従来の「2回」から「ゼロ」になったほか、バランスシート縮小については5月からペースを減速し9月に終了すると表明した。市場では「予想よりもハト派色が強かった」と受け止められ、円買い・ドル売りが優勢となった。
 なお、FOMCは米経済見通しも下方修正した。19年10−12月期GDP成長率は前年同期比2.1%と従来の2.3%から引き下げた。物価指標のPCEデフレーターは1.8%と従来の1.9%からわずかに下方修正し、失業率は3.7%と従来予想の3.5%から引き上げた。
 パウエルFRB議長は定例記者会見で「9月以降のデータによると成長は予想以上に減速」「欧州や中国では成長が鈍化」「英国のEU離脱はリスク」「バランスシートは必要なら調整を加える」などと述べた。

・ユーロドルは4日続伸。FRBが今回のFOMCで市場予想を上回るハト派姿勢を示したことで、米長期金利の急低下とともにドル安が進行。市場では「事実上利上げを終了したと考えられる」との声も聞かれ、一時2月4日以来の高値となる1.1448ドルまで上値を伸ばした。なお、米10年債利回りは一時2.5227%前後と昨年1月16日以来約1年2カ月ぶりの低水準を付けた。

・ユーロ円は3日ぶりに小反落。FOMC公表直後はダウ平均がプラス圏を回復したことなどを手掛かりに全般クロス円が上昇。ユーロ円にも買いが入り一時126.79円と日通し高値を付けた。ただ、ダウ平均が失速し140ドル超下げるとユーロ円にも売りが出て取引終了間際には126.36円と日通し安値を付けている。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:00コメント(0) この記事をクリップ!

2019年03月20日

ドル円、小幅に3日続落

・ドル円は小幅ながら3日続落。欧米株価の上昇を手掛かりに円売り・ドル買いが先行。米長期金利の上昇に伴う買いも入り、23時30分過ぎに一時111.48円と日通し高値を付けた。
 ただ、200日移動平均線が位置する111.45円付近ではテクニカル的な売りが出たため上値は限られている。「一部の米政府高官は中国側の抵抗で米中貿易交渉が後退しているとの懸念を表明」との報道が伝わると、株価の失速とともに円買い・ドル売りが入り111.25円付近まで下押しした。
 もっとも、一部米紙が来週の米中貿易協議の再開と4月末までの合意を目指す動きを伝えると下げ渋った。
 明日のFOMC結果公表やパウエルFRB議長の定例記者会見など米重要イベントを前に大きな方向感が出にくい面もあった。今日の安値は東京時間に付けた111.16円で値幅は32銭程度だった。

・ユーロドルは3日続伸したものの、NY市場に限れば狭いレンジでの値動きとなった。明日の米金融イベントや21−22日のEU首脳会議を控えて、商いは低調だった。今日の安値は1.1334ドル、高値は1.1362ドルで値幅は0.0028ドル程度だった。NY市場に限れば0.0023ドル程度の値幅。

・ユーロ円は小幅続伸。欧州株価やダウ先物の上昇を手掛かりに円売り・ユーロ買いが先行し、22時30分前に一時126.62円と日通し高値を付けたが、各国の重要イベントを前に一本調子で上昇する展開にはならなかった。一時は190ドル超上昇した現物のダウ平均が下げに転じたことも相場の重し。

・ポンドドルは神経質な展開だった。英国のEU離脱を巡り、「EU首脳陣は首脳会議で英国に条件付きの離脱延期を提示する計画」と伝わると、延期期待が高まりポンド買いが先行。20時過ぎに一時1.3311ドルと日通し高値を付けた。ただ、英EU離脱を巡る先行き不透明感は根強く、23時30分前には1.3241ドルの日通し安値を付けた。引けにかけては1.32ドル台後半で徐々に値動きが鈍っている。
 BBCによると、メイ英首相は29日に設定されているEU離脱期限を6月末まで延長し、離脱を最大2年間先送りする選択肢を求める書簡を本日中に送付する。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:00コメント(0) この記事をクリップ!

2019年03月19日

ポンドドル、下げ渋り

・ポンドドルは下げ渋り。バーコウ英下院議長が度重なる英国のEU離脱案動議への懸念を表明し、「メイ首相の離脱案がこれまでと同じ内容なら採決は出来ない」と3回目の採決を事実上禁止した。これを受けて全般ポンド売りが先行し、一時1.3185ドルまで値を下げた。なお、英首相府は今のところ下院議長の決定への対応を示しておらず、英首相報道官は「下院議長は声明を発表することも、その内容についても事前に通知してこなかった」と明らかにした。市場では「予想外の展開。メイ首相の戦略に大きな狂いを生じさせた」との声が聞かれた。
 ただ、売りが一巡すると下げ渋る展開に。英EU離脱を巡る先行き不透明感は残るものの、クワーテン英EU離脱担当副大臣が「議会は今週、離脱協定案を承認する可能性が残っている」と発言したことなどが意識されて買い戻しが入った模様。引けにかけて1.3259ドル付近まで持ち直している。もっとも、取引終了間際には英政府当局者が「英議会は今週EUからの離脱案を採決しないと予想」との見解を示している。

・ドル円は小幅ながら続落。20日のFOMC結果公表やパウエルFRB議長の定例記者会見など重要イベントを控えて、しばらくは111円台半ばでの小動きが続いていた。
 ただ、米国株相場が下げに転じたタイミングで円買い・ドル売りがやや優勢に。週明け早朝取引付けた111.43円を下抜けて一時111.30円まで値を下げた。ポンド円の下落につれた円買い・ドル売りも入った。もっとも、米国株が持ち直すとドル円にも買い戻しが入ったため引けにかけて下げ渋った。
 なお、ドル円の今日一日の値幅は33銭程度と小さかった。NYの値幅は29銭程度。

・ユーロドルは続伸。ユーロポンドなどユーロクロスの上昇につれた買いが先行し一時1.1359ドルと4日以来2週間ぶりの高値を付けたものの、買い一巡後は伸び悩んだ。ポンドドルの下落につれたユーロ売り・ドル買いが出て2時30分前に1.1325ドル付近まで押し戻される場面があった。

・ユーロ円は小幅ながら上昇。21時30分前に一時126.69円と日通し高値を付けたものの、その後失速。ユーロドルの伸び悩みやポンド円の下落につれた売りが出て126.15円と日通し安値を付ける場面があった。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:00コメント(0) この記事をクリップ!

2019年03月18日

ポンドドル、底堅い動き

・ポンドドルは底堅い動きとなった。欧州市場では週末のポジション調整目的の売りなどが出て一時1.3203ドルまで値を下げたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢に。「メイ英政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党DUPがこれまでの姿勢から一転し、メイ首相の離脱合意案の3度目の採決に賛成するのではないか」との見方が浮上し、ポンド買いを誘った。この日発表の米経済指標が低調となったこともポンド買い・ドル売りを促し、1時30分過ぎに1.3300ドルと日通し高値を付けた。
 なお、「英政府とDUPは交渉中であり、協議は数日続く可能性が高い」との報道が伝わったほか、DUPのドッズ副党首は「我々は合意を望む」「交渉は進展したが十分ではない」などと述べた。

・ドル円は反落。3月米ニューヨーク連銀製造業景気指数や2月米鉱工業生産指数が予想を下回ったことをきっかけに円買い・ドル売りが先行。3月米消費者態度指数速報値は予想を上回ったものの反応は鈍く、米長期金利の低下とともに再びドル売りが進んだ。23時40分頃に一時111.39円と日通し安値を付けた。
 ただ、その後は200日移動平均線が位置する111.44円付近がサポートとして意識されたため下げ渋った。ダウ平均が一時210ドル超上昇したことも相場の下支え要因。

・ユーロドルは反発したものの、方向感は定まらなかった。ユーロポンドの下落に伴うユーロ売り・ドル買いが出て一時1.1300ドルと日通し安値を付けたものの、低調な米経済指標が相次ぐと買い戻しが優勢に。23時30分前に一時1.1344ドルと日通し高値を付けた。そのあとは1.13ドル台前半で徐々に値動きが細った。

・ユーロ円はほぼ横ばい。ユーロポンドやドル円の下落などが相場の重しとなり22時30分前に126.12円と本日安値を付けた。その後は126.50円付近まで下げ渋る場面もあったが、戻りは鈍く結局前日終値付近で値動きが細った。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:22コメント(0) この記事をクリップ!

2019年03月15日

ポンド、終盤弱含み

・ポンドドルは終盤弱含んだ。英議会下院は日本時間15日未明、EUからの離脱延期をEUに求める動議を賛成412票、反対202票の賛成多数で可決した。来週20日までに離脱協定案を議会で承認することを条件に、離脱期限を6月末まで延期する。なお、20日までに承認が得られない場合について、英政府は「長期の延長が必要になる」との見解を示すにとどめ、具体的な方針を明記しなかった。
 市場では「離脱時期の延期」自体は織り込み済み。事前にポンド高が進んでいただけに、結果を受けて目先の利益を確定する目的の売りが出た。延期が条件付きとなり、「合意なき離脱」となる可能性が依然として残っていることも重しとなり一時1.3212ドル付近まで下押しした。

・ドル円は反発。ポンド絡みの取引が中心となったため、しばらくは狭いレンジでのもみ合いが続いていたが、米10年債利回りの上昇をきっかけに円売り・ドル買いが優勢となった。1時過ぎに一時111.83円と日通し高値を更新している。ポンドやユーロに対してドル高が進んだ影響も受けた。
 この日発表の前週分の米新規失業保険申請件数や1月米新築住宅販売件数は予想より弱い内容となった。また、「米中首脳会談は少なくとも4月まで延期になる可能性」との一部報道が伝わったほか、トランプ米大統領が「中国との通商協議は順調」としながらも「合意できるかどうかは明言したくない」と述べたと報じられた。

・ユーロドルは5日ぶりに反落。欧州市場ではポンドドルの上昇につれた買いが入り一時1.1336ドル付近まで上げたものの、NY市場に入ると弱含んだ。米長期金利が上昇に転じたタイミングでユーロ売り・ドル買いが強まり、一時1.1294ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は4日続伸。日本時間夕刻に一時126.57円と本日高値を付けたものの、ユーロドルが下落するとユーロ円にも売りが出たためNY市場では伸び悩んだ。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:02コメント(0) この記事をクリップ!

2019年03月14日

影響は一時的になる傾向

 米中貿易交渉の行方も、現在は両国での実務者会議の最中であるので、今のところ大きな影響が出る様子はありません。そういうこともあり、直近の1週間は、株式市場、為替市場ともに方向感の出ないジグザグの相場展開となっています。もう暫くは、このレンジ相場の中から抜け出すことは難しいと思います。

 そう考える理由は、最近の相場は何か新たな市場変動要因が出てきても、その影響が一時的なものに終わり、結局元に戻ってしまうことが多いということです。ECBやFOMC後の動きをみても明らかです。

 トレードをするにあたっても、そのことを念頭においておく必要があるでしょう。個人的には引き続き、ドル円、ユーロドルでのドル買いを基本戦略としています。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 15:55コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)