2018年07月20日

ドル円、続落

・ドル円は続落。7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強かったことがわかると、昨日高値の113.14円を上抜け113.17円と1月9日以来の高値を更新した。
 ただ、米10年債利回りが低下に転じるにつれて上値が切り下がった。トランプ米大統領が「金利上昇はうれしくない」「ドル高は我々に不利益を与える」と発言すると112.06円まで急落した。
 もっとも、米ホワイトハウスが「トランプ米大統領は米連邦準備理事会(FRB)の独立性を尊重」「トランプ米大統領はFRBの決定に干渉しない」との見解を示したことで112.52円まで買い戻された。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。良好な米経済指標を手掛かりに売りが先行し、1.1575ドルと6月29日以来の安値を更新した。
 その後、米長期金利の低下やトランプ米大統領のドル高けん制発言を受けて1.1678ドルまで急速に持ち直したが、米ホワイトハウスがトランプ発言の火消しに回ると1.1630ドル台まで失速した。

・ユーロ円は続落。トランプ米大統領の発言を受けたドル円の下落につれて130.73円まで売られたが、勢いは長続きしなかった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 10:53コメント(0) この記事をクリップ!

2018年07月19日

またドル高へ

 ドル円も年初来の高値にほぼ近付いたことで、高値警戒感がしばらく出るでしょう。しかし、ポジションを見ると、まだ投機筋はドル円を買う余地を残しています。

 米中の貿易摩擦も当面市場には大きな影響を与えないということが最近確認されているので、新しい不安材料が出てこない限り、リスクオフの動きにはなりにくいです。そうなると、暫く相場はレンジに入るものの、どこかでまたドル高に向かい出すときが出てくるのではないでしょうか。

 もう1つ考慮しておくべきが日本企業によるM&Aの動向です。武田薬品工業を筆頭に今年春先から日本企業による海外企業の買収が活発化してきました。そして、それに関連した円売りが市場で散見されるようになってきています。そうした需給動向もドル円相場の動きに影響しています。繰り返しになりますが、どこかの段階でまたドル高になる可能性を考えておきたいと思います。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 13:21コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、反落

・ドル円は反落。クロス円とともにまとまった売りが持ち込まれると112.71円まで下げ足を速めた。
 その後、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院金融サービス委員会で「バランスシートが通常へ戻るのに3−4年かかると予想」などと証言したが、影響は限定的。次第に112.80円を挟んで方向感が出なくなった。

・ユーロドルは続落。全般ドル買い圧力が根強く1.1602ドルまで下げたが、1.16ドル割れに失敗するとショートカバーが進み1.1662ドルまで持ち直した。
 もっとも、本日高値の1.1665ドル手前で上値を抑えられると、1.1630ドル台まで伸び悩んだ。なお、米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「12地域中10地域で経済活動が緩やかに拡大」「全ての地域で製造業者が関税に懸念を表明」などと伝わった。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反落。NY勢の参入に伴いまとまった売りが持ち込まれると、130.88円まで急ピッチで下げた。ただ、その後は反動から買い戻しが優位となり、131.50円まで一転上昇した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 13:11コメント(0) この記事をクリップ!

2018年07月18日

ドル円、3日ぶり反発

・ドル円は3営業日ぶり反発。23時にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米上院銀行委員会で経済と金融政策について証言する予定のなか、欧州時間からドル買い圧力が高まりアジア時間高値の112.57円を上抜けた。パウエルFRB議長が証言原稿のなかで「当面、漸進的な利上げ継続が最善策」「最新の経済データは第2四半期の米成長がかなり強いことを示唆している」などの見解を示すと、13日高値の112.80円に接近。質疑応答で「雇用市場は強く、労働者はより良い状態にある」「賃金上昇は依然としてインフレの傾向を上回る」などと発言すると、1月9日以来の高値となる112.93円まで上値を伸ばした。一巡後は112.85円前後での持ち高調整が続いた。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。欧州時間から全般ドル高が進んだ地合いを引き継いだ。パウエルFRB議長の議会証言を受けてドルが一段高となると、昨日安値の1.1676ドルを下抜けてストップロスを巻き込み、1.1650ドルまで下げ足を速めた。
 なお、ポンドドルは戻りが鈍い。ドル全面高の流れに沿って下値を探る展開となると、13日安値の1.3103ドルや節目の1.3100ドルを下抜けて目先のストップロスを誘発した。6月29日以来の安値となる1.3070ドルまで急落した。英下院が17日、与党保守党で欧州連合(EU)穏健派の造反議員が提出した、EU離脱後も関税同盟を維持する貿易修正法案について、僅差で否決したことがわかると1.3150ドルまで反発したが、勢いは長続きしなかった。

・ユーロ円は続伸。パウエルFRB議長の議会証言を受けてドル円が上昇した影響から131.99円まで上げた。ただ、ユーロドルが下げ足を速めると131.50円台まで伸び悩んだ。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:00コメント(0) この記事をクリップ!

2018年07月17日

ドル円、続落

・ドル円は続落。5月分の米小売売上高が上方修正されたほか、7月米NY連銀製造業景気指数は予想より強かったが、総じて影響は限定的だった。全般ドル安が進むにつれて112.23円まで小幅に下げたものの、112.30円前後での持ち高調整の域を出なかった。

・ユーロドルは続伸。全般ドル安の流れや、ユーロカナダドルなど一部ユーロクロスの上昇を支えに1.1725ドルまで上げたが、一巡すると1.1715ドル前後で方向感が出なくなった。
 なお、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は「政策委員らはイールドカーブのフラット化に注目」などと発言した。17日23時にはパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米上院銀行委員会で経済と金融政策について証言する予定となっている。

・ユーロ円は反発。一時131.70円まで買いが先行した後は、取引材料難から131.50円前後でのもみ合いが続いた。ユーロドルと同様の値動き。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:23コメント(0) この記事をクリップ!

2018年07月16日

ユーロドル、4営業日ぶりに反発

・ユーロドルは4営業日ぶりに反発。欧州時間に一時1.1613ドルまで下落したものの、その後は米長期金利の低下などを手掛かりに全般ドル安が進むなか、下値を切り上げる展開となった。6月米輸入物価指数や7月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が予想を下回ったこともユーロ買い・ドル売りを誘い、引け前には1.1687ドルの高値まで切り返した。

・ドル円は5営業日ぶりに反落。欧州時間に上値の重さを確認したこともあり、総じて売りに押される展開となった。週末とあって利益確定目的の売りも入り、4時過ぎには112.28円まで下押しした。なお、米連邦準備理事会(FRB)は金融政策報告で「さらなる漸進的な利上げは目標と整合的」「労働市場は力強く、平均時給の伸びは穏やか」などの見解を示したが、相場への影響は限られた。

・ユーロ円は7営業日ぶりに反落。ユーロドルと同様に買い戻しが進み、一時131.30円台まで下値を切り上げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:20コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)