2016年12月01日

弊害に言及した時は

 ドル円の11月の月足は1995年以来の大陽線となって終わりました。市場では、買わなければならないにもかかわらず買えていない実需勢ばかりが目立ってしまっており、需給関係のタイト感が非常に高まったままです。

 ただ、IMM通貨先物の投機筋の円ロングポジションが直近では1万枚程度に減少しており、そろそろポジション調整も終わりに近づいています。また、昨日11月30日に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)でも「強いドルがいくつかの地域で向かい風になっている」との懸念が出始めていることも確かです。

 当初予想していた以上に続くトランプ政権への期待感は、少なくも実際に来年になって新政権が誕生するまで続いてしまうのかもしれません。ただ、いずれかの時点で、トランプ次期米大統領本人から、または重要なポストを担う次期政権関係者から、「ドル高への弊害」について少しでも言及があれば、その時は一気にセンチメントが逆転することになると思っています。「その時」を常に警戒する必要があるでしょう。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 15:13コメント(0) この記事をクリップ!

2016年11月29日

ドル円、続落

・ドル円は続落。ナイト・セッションの日経平均先物が120円安から一時持ち直したことで22時前には112.799円まで上昇する場面があったものの、その後は上値も重くなった。米10年債利回りの低下やダウ平均の下落などを背景に一時111.80円台まで弱含んだ。

・ユーロドルは続伸。欧州勢の参入後にドルの買い戻しが進んだ流れに沿ったほか、ユーロクロスの下げにつれて23時過ぎに1.05638ドルの安値をつけた。もっとも、その後は米長期金利の低下を受けた買い戻しが入り、1.0610ドル台まで下げ渋った。

・ユーロ円は8営業日ぶりに反落。株安などが重しとなり2時前に118.705円と本日安値を更新。売り一巡後もドル円の下落につれて戻りの鈍い動きが続いた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 12:05コメント(0) この記事をクリップ!

2016年11月28日

ドル円、4営業日ぶりに反落

・ドル円は4営業日ぶりに反落。米10年債利回りが上昇したほか、ダウ平均が史上最高値を更新したことを支えに一時113.30円付近まで値を上げる場面があった。その後に米10年債利回りが上昇幅を縮めたため112.89円近辺まで下げたが下値も限定的となるなど、米感謝祭翌日で市場参加者が少ないなか、113.00円を挟んで方向感が出なかった。

・ユーロドルは上昇。ユーロカナダドルなどユーロクロスの上昇につれた買いが入り、一時1.06275ドルと日通し高値を付けた。ただ、米国3市場が短縮取引で徐々に商いが薄くなるなか、上値は限られた。

・ユーロ円は7日続伸。欧州時間に119.307円まで下落したが、NY時間は米国株高を支えに底堅く推移した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:27コメント(0) この記事をクリップ!

2016年11月25日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。欧州の取引時間帯に一時113.534円と3月29日以来の高値まで上昇した影響が残った。なお、米国市場は感謝祭の祝日で株式・債券・商品市場が休場。市場参加者が激減し商いは低調だった。

・ユーロドルは横ばい。欧州時間に一時1.05181ドルと昨年3月16日以来の安値を付けたものの、節目の1.0500ドルに接近した場面ではショートカバーが入ったため持ち直した。20時30分過ぎに一時1.05853ドルと日通し高値を付けた。そのあとは米国市場が休場だったため、1.05ドル台半ばでの狭いレンジ取引に終始した。

・ユーロ円は6日続伸。日経平均先物やダウ先物の上昇などを背景に、投資家のリスク選好姿勢が強まり円売り・ユーロ買いが出た。1時過ぎに一時119.768円と6月24日以来の高値を付けた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:07コメント(0) この記事をクリップ!

2016年11月24日

気をつけておきたい

 果たして、このドル円の連騰は誰が演出しているのでしょうか。私は正直に言って全く理解出来ません。市場では、連日NY時間に相当額の買いが観測されていますが、米系のヘッジファンドが中心となった買い上げだという声も多く聞かれています。ヘッジファンドといえば、通常は11月が決算。トランプ次期米大統領が選出されて以来、米長期債の主要な売り手とも言われており、そうであれば、ここまでの動きは、純粋にファンド勢の決算を前にしたポジション調整の動きと解釈するほかはないでしょう。

 米国債の買い持ちはかなりの額であるほか、先週末公表されたIMM通貨先物のポジション動向をみても、米大統領選から1週間が経過した15日付けの数字がまだまだ円ロングであることを示しています。11月末までまだ1週間が残されていますが、恐らくそれまではこういった海外勢主体のポジション調整の動きが続く可能性が高いのかもしれません。

 ただ、気を付けておかなければならないのは、海外勢のこういったまとまった買いが止まる時です。昨日も「感謝祭前に一度は下押しする場面もあるかもしれない」と認識していた向きも多かったのですが、実際は「感謝祭前に買わなければならない玉が出た」ことになっているのが実情です。

 感謝祭明けの市場、つまり来週からの市場が、休日前とは雰囲気が一転して変化してしまうということも可能性として準備しておかなければならないと考えています。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 17:16コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。米10年債利回りの急上昇をきっかけに前日高値の111.359円を上抜けると目先のストップロスを断続的に巻き込みながら上値を試す展開に。10月米耐久財受注額が市場予想を上回ったことが伝わると買いが加速し、一時112.975円と3月29日以来の高値まで買い上げられた。もっとも、節目の113.00円手前では利食い売りが出たほか、好調な米7年債入札を受けて米10年債利回りが上昇幅を縮めると112.35円まで伸び悩む場面が見られた。
 なお、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では「幾人かのメンバーは比較的早い利上げが適切と指摘」「幾人かのメンバーはFRBの信頼性を保つため12月に利上げを行うべきと主張」などの見解が示されたが、反応は限定的だった。

・ユーロドルは下落。米長期金利の大幅上昇や良好な米耐久財受注額を背景にドルが全面高の展開となったことで売りが優勢となった。ユーロポンドの下落につれた面もあり、一時1.05261ドルと昨年12月3日以来の安値まで売り込まれた。一方で、米金利の上昇が一服すると1.0560ドル台まで下げ渋った。
 なお、ハモンド英財務相が鉄道や住宅関連のインフラに5年間で230億ポンドを投資すると発表したことでポンドは買われる展開となり、ポンドドルは1.2469ドル、ポンド円は140.35円まで上昇したほか、ユーロポンドは0.84654ポンドまで急速に値を下げた。

・ユーロ円は5日続伸。ドル円の上昇を手掛かりとした円売り・ユーロ買いが進行。日経平均先物の上昇も支援材料となり、一時118.99円と6月24日以来の高値を付けた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:15コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)