2020年01月22日

ドル円、反落

・ドル円は反落。ユーロ円やポンド円の上昇につれた買いが先行し、23時30分過ぎに一時110.12円付近まで値を上げたものの、その後失速した。米疫病予防管理センター(CDC)が「中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の米国内での初患者をワシントン州シアトルで確認した」と発表すると、リスク・オフの動きが強まった。ダウ平均が一時200ドル超下落し、米10年債利回りが1.76%台まで低下したことも相場の重しとなり、一時109.76円と日通し安値を付けた。
 なお本日、トランプ米大統領の弾劾裁判の実質的な審理が議会上院で開始された。弁護人役のホワイトハウス法律顧問は与党共和党が作成した裁判の運営規則案について「公平だ」と評価したものの、野党民主党は証人招致が確約されていないとして反発した。正式な冒頭陳述は明日始まる予定で、共和党と民主党の対立が激しくなるとみられる。

・ユーロドルは反落。欧州時間に発表された1月独ZEW景況感指数が26.7と予想の15.0を上回ったため、NY市場でもユーロ買い・ドル売りが先行。22時30分前に一時本日高値となる1.1118ドルまで値を上げた。ただ、23日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会を前に思惑的な売りも出やすく、上値は限られた。一目均衡表雲の上限が位置する1.1105ドルより上の水準では戻り売りなども出て6時30分過ぎに一時1.1081ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は反落。良好な独・ユーロ圏経済指標を受けて23時30分過ぎに一時122.37円と日通し高値を付けたものの、中国発の新型肺炎の感染拡大を嫌気してリスク・オフの動きが広がると121.72円と日通し安値を付けた。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:40コメント(0) この記事をクリップ!

2020年01月21日

ユーロドル、小反発

・ユーロドルは小反発。ポンドドルの下落につれたユーロ売り・ドル買いが先行し、1時前に一時1.1077ドルと日通し安値を付けたものの、売り一巡後は徐々に買い戻しが優勢に。「米仏首脳は年末まで関税『休戦』で合意」との報道を好感したユーロ買い・ドル売りが入り一時1.1098ドル付近まで持ち直した。

・ドル円は小幅上昇。米国市場がキング牧師誕生日の祝日で休場だったことから市場参加者が激減し商いは低調だった。今日の安値は110.05円、高値は110.22円で1日の値幅は17銭程度と小さかった。
 なお、国際通貨基金(IMF)はこの日世界経済見通しを公表し、2020年の世界経済の成長率予想を従来の3.4%から3.3%へ、21年の成長率予想を3.6%から3.4%へ下方修正した。

・ユーロ円は小反発。1時前に一時122.04円と本日安値を付けたものの、そのあとは122.27円付近まで買い戻された。ユーロドルにつれた動きとなった。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:42コメント(0) この記事をクリップ!

2020年01月20日

ユーロドル、反落

・ユーロドルは反落。ルメール仏経済・財務相が「米国が制裁を課せば、EUは速やかに報復する」と発言したことを受けて、欧米の通商問題を巡る懸念が高まりユーロ売り・ドル買いが優勢になった。12月米住宅着工件数など一部米指標が予想を上回ったこともユーロ売り・ドル買いを誘い、一時1.1086ドルと日通す安値を付けた。市場では「来週のECB定例理事会を前に思惑的な売りが広がった」との指摘もあった。

・ドル円はほぼ横ばい。12月米住宅着工件数が年率換算で160.8万件と予想の137.5万件を上回ると円売り・ドル買いが先行し一時110.21円付近まで値を上げたものの、先行指標の一種である12月建設許可件数が141.6万件と予想の146.8万件を下回ると上値が重くなった。12月米鉱工業生産指数や1月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が予想を下回ったことも相場の重しとなり、一時110.05円と日通し安値を付けた。米国の3連休を控えてポジション調整目的の円買い・ドル売りが入りやすい面もあった。
 もっとも、今日の高値は東京時間に付けた110.29円で1日の値幅は24銭程度と小さかった。

・ユーロ円は3日ぶりに反落。ドル円やユーロドルの下落につれた売りが出て一時122.13円と日通し安値を付けた。豪ドル円やトルコリラ円などユーロ円以外のクロス円が下落した影響も受けた。
 なお、豪ドル円は一時75.69円、ポンド円は143.26円、トルコリラ円は18.63円、南アフリカランド円は7.60円まで下落した。

・ポンドドルは軟調だった。英利下げ観測が強まる中、欧州時間に発表された12月英小売売上高が予想を下回ったことを材料にNY市場でもポンド売りが継続した。市場では「30日のMPCでの利下げをほぼ織り込んだ」との声が聞かれ、一時1.3007ドルまで値を下げた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:41コメント(0) この記事をクリップ!

2020年01月17日

ドル円は押し目買い

 リスクオンの動きが広がっていることで、為替市場も円安傾向になっています。ドル円は中々抜くことができなかった110.00円を超えてきました。

 最初に110.00円を超えたときは、さすがに輸出企業のドル売りや利食いのドル売りがでてきて、一旦109円台に戻りましたが、その後下押しもそれほどではなかったこともあって、また110円台に戻ってきています。これからですが、この相場は大きく崩れることはないと私は考えています。
 
 一気に111円、112円と向かっていく相場ではないかもしれませんが、余程の不測の事態が起きない限り下に抜けていくような相場ではないと思いますので、ドル円の押し目買い方針で当面トレードをして大丈夫ではないでしょうか。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 10:20コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、反発

・ドル円は反発。この日発表の米経済指標が概ね良好だったことから円売り・ドル買いが先行。モルガン・スタンレーなど米企業決算が予想を上回ったことを背景に米国株が堅調に推移したこともドルの支援材料となり、一時110.18円と日通し高値を付けた。ただ、14日に付けた8カ月ぶりの高値110.21円を上抜けることは出来なかった。
 なお、12月米小売売上高は前月比0.3%増と市場予想通りの結果となったが、自動車を除く数値は前月比0.7%増と予想の0.5%増を上回った。また、1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数は17.0と予想の3.8を大幅に上回ったほか、前週分の米新規失業保険申請件数は20.4万件と予想の21.6万件よりも強い内容となった。

・ユーロドルは反落。12月11日−12日分のECB理事会議事要旨でユーロ圏の経済動向について「減速に歯止めがかかりつつある」との認識が示されるとユーロ買いで反応し、21時30分過ぎに一時本日高値となる1.1173ドルまで値を上げた。
 ただ、1.1200ドルにかけて断続的に観測されている売り注文に上値を抑えられると失速した。1月米フィリー指数など良好な米経済指標もユーロ売り・ドル買いを誘い、一時1.1128ドルと日通し安値を付けた。ユーロポンドの下落につれたユーロ売り・ドル買いも出た。
 ユーロポンドは軟調だった。ロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだユーロ売り・ポンド買いのフローが入ると一時0.8509ポンドと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は小幅ながら続伸。ECB理事会議事要旨を受けて買いが先行し一時122.87円と日通し高値を付けたものの、ユーロドルやユーロポンドの下落につれた売りが優勢になると122.51円付近まで下押しした。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:58コメント(0) この記事をクリップ!

2020年01月16日

ドル円、小反落

・ドル円は3日ぶりに小反落。12月米PPIが前月比0.1%上昇と予想の0.2%上昇を下回ったことで円買い・ドル売りが先行。食品とエネルギーを除くコア指数が前月比0.1%上昇と予想の0.2%上昇を下回ったことも相場の重しとなり、一時109.79円と日通し安値を付けた。
 ただ、小安く始まった米国株相場が持ち直すとドル円にも買い戻しが入り110.00円付近まで値を上げた。なお、40ドル超安で始まったダウ平均は「米政府は今年減税などの財政刺激策を検討している」との一部報道を好感した買いが入り一時180ドル超上昇した。もっとも、東京時間に付けた日通し高値110.01円を上抜けることは出来ず、NY時間の値幅は21銭程度に留まった。
 米中両国は日本時間16日未明、ホワイトハウスで貿易協議「第1段階合意」の文書に署名した。中国が米国産品の輸入拡大や知的財産権保護などに応じる代わりに、米国は制裁関税の一部を引き下げる。

・スイスフランは全面高。米国がスイスを為替操作の監視リストに追加したことを受けて、スイス政府は14日、「競争優位性を得るために自国通貨を操作することは一切ない」と強調。本日もスイスフランを買う動きが継続した。ユーロスイスフランは一時1.0742スイスフランと2017年4月以来約2年9カ月ぶりの安値まで下落したほか、ドルスイスフランは0.9631スイスフランと18年9月以来約1年4カ月ぶりの安値を付けた。スイスフラン円は114.16円と18年12月以来約1年1カ月ぶりの高値を更新した。

・ユーロドルは反発。予想を下回る12月米PPIや米長期金利の低下を材料にユーロ買い・ドル売りが進行し、23時30分過ぎに一時1.1163ドルと日通し高値を付けた。ドルが対スイスフランなどで下落した影響も受けた。

・ユーロ円は上昇。ユーロドルの上昇につれた円売り・ユーロ買いが出て一時122.72円と日通し高値を付けた。米国株が底堅く推移したことも相場の支援材料。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:42コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)