2019年11月12日

ドル円、続落

・ドル円は続落。米中貿易協議をめぐる楽観論が後退したほか、香港情勢の悪化を懸念した売りが先行し、21時過ぎに一時108.90円と日通し安値を付けた。欧州株相場や日米株価指数先物の下落も相場の重しとなった。
 ただ、売り一巡後はじりじりと下値を切り上げる展開に。一時は160ドル超下落した現物のダウ平均が上げに転じたことでドル円にも買い戻しが入ったほか、市場では「108円台では実需の買いが意識される」との指摘があり109.11円付近まで下げ幅を縮める場面があった。
 もっとも、本日はベテランズデーで米債券市場が休場となったため、市場参加者が少なく値動きは鈍かった。取引終了にかけては200日移動平均線が位置する109.03円レベルを意識した値動きとなった。

・ユーロドルは6日ぶりに反発。ポンドドルの上昇をきっかけにユーロ買い・ドル売りが優勢となり、22時30分前に一時1.1043ドルと日通し高値を付けた。ただ、そのあとは米債券市場が休場とあって1.1035ドル挟みの狭いレンジ取引に終始した。
 今日の安値は東京午前に付けた1.1017ドルで値幅は0.0026ドル程度と小さかった。

・ユーロ円は小幅続落。アジア時間に一時120.07円まで売られた影響が残ったものの、欧米市場に限れば底堅い展開となった。ユーロドルの上昇につれた買いが入ったほか、ドル円の下げ渋りに伴う円売り・ユーロ買いが出て一時120.41円と東京午前に付けた日通し高値120.42円に迫った。

・EU離脱を訴える英ブレグジット党のファラージ党首が「ブレグジット党は317選挙区でジョンソン首相率いる与党保守党とは争わない」と表明。保守党が12月12日投開票の総選挙に勝利し、EU離脱をめぐる混迷に終止符が打たれるという期待が広がり、ポンドドルは一時1.2898ドルまで上昇する場面があった。ただ、そのあとは1.2849ドル付近まで上値を切り下げている。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:20コメント(0) この記事をクリップ!

2019年11月11日

ドル円、小反落

・ドル円は小反落。時間外の米10年債利回りが1.95%台まで上昇したことなどをながめ全般ドル買いが先行。22時前に一時109.48円と日通し高値を付けた。ただ、前日の高値109.49円が目先レジスタンスとして意識されると上値を切り下げる展開に。109.50円に観測されているバリアオプションに絡んだ防戦売りなどに上値を抑えられた面もあった。
 トランプ米大統領が「対中関税撤回でまだ何も合意していない」「中国が関税撤回を望んでいる」と発言すると、米中貿易協議を巡る楽観的な見方が後退。ダウ平均が95ドル安まで下落し、ドル円も一時109.08円まで値を下げた。11月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が95.7と予想の95.9を若干下回ったことも相場の重し。
 なお、中国商務省は前日に「米中両国が協議の進み具合に合わせ、追加関税を段階的に撤廃することに同意した」と発表していた。意見の食い違いが表面化した格好で、交渉の行方は予断を許さない。
 ただ、米国株が引けにかけてプラス圏を回復するとドル円にも買い戻しが入り下げ渋っている。週末の終値で200日移動平均線が位置する109.04円レベルを維持した。

・ユーロドルは5日続落。米長期金利が上昇傾向にあることなどを手掛かりにユーロ売り・ドル買いが先行。ユーロ円の下落につれた売りも出て一時1.1017ドルと10月15日以来の安値を付けた。市場では10日のスペイン総選挙を巡り「今回もハング・パーラメントになりそうな気配が出ており、ユーロの重しとなっている」との声が聞かれた。

・ユーロ円は反落。週末にスペイン総選挙を控える中、ドル円の下落や米国株の失速に伴う売りが出て一時120.22円と日通し安値を付けた。もっとも、前日の安値120.14円を下抜けることは出来なかった。米国株が持ち直したことも相場の下支え要因。

・カナダドルは軟調だった。カナダ統計局が発表した10月のカナダ雇用統計で、新規雇用者数が1800人減と市場予想の1万5900人増に反して減少したことが分かると全般カナダドル売りが優勢となった。米ドルカナダドルは一時1.3237カナダドル、ユーロカナダドルは1.4600カナダドル、カナダドル円は82.43円までカナダドル安に振れた。同月の失業率は5.5%と市場予想通りの結果となった。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:29コメント(0) この記事をクリップ!

2019年11月08日

ドル円、反発

・ドル円は反発。中国商務省は日本時間夕刻に「米中両国が協議の進み具合に合わせ、追加関税を段階的に撤廃することに同意した」と発表。また、「中国税関総署と農務省は米国産家禽の輸入抑制措置撤回を検討」との一部報道もあり、欧州時間から株高と円安が進んだ。
 NYの取引時間帯に入ると、米政府当局者が「米中協議の『第1段階』合意には段階的な関税撤回が含まれる」との見解を示したと伝わり、米中合意への期待がさらに高まった。米10年債利回りは一時1.97%台まで急上昇し、現物のダウ平均は280ドル超上げて史上最高値を更新。為替市場では全般ドルを買う動きが広がった。ドル円はレジスタンスとして意識されていた10月30日の高値109.29円や8月1日の高値109.32円を上抜けて、一時109.49円と5月31日以来の高値まで上値を伸ばした。
 ただ、引けにかけては伸び悩んだ。米中協議の「第1段階」合意のために関税を段階的に撤廃することについて「米政権内には強い反対論があり、まだ決定していない」との一部報道が伝わると、米国株や米長期金利が上昇幅を縮小。ドル円にも売りが出て一時109.16円付近まで下押しした。ナイト・セッションの日経平均先物も280円高から150円高まで上値を切り下げた。

・ユーロドルは4日続落。ユーロ円の上昇につれた買いが出て20時前に一時1.1092ドルと日通し高値を付けたものの、前日の高値1.1093ドルの上抜けに失敗すると失速した。米中貿易協議の進展期待を背景に米長期金利が大幅に上昇するとユーロ売り・ドル買いが優勢となり、一時1.1036ドルと10月16日以来の安値を付けた。

・ユーロドルは4日続落。ユーロ円の上昇につれた買いが出て20時前に一時1.1092ドルと日通し高値を付けたものの、前日の高値1.1093ドルの上抜けに失敗すると失速した。米中貿易協議の進展期待を背景に米長期金利が大幅に上昇するとユーロ売り・ドル買いが優勢となり、一時1.1036ドルと10月16日以来の安値を付けた。

・ユーロ円は小幅ながら反発。欧州市場では株高に伴う円売り・ユーロ買いが優勢となり一時121.11円と日通し高値を付けたものの、NY市場に入ると120円台後半でのもみ合いに終始した。ドル円とユーロドルの値動きの影響を同時に受けたため、相場は方向感が出なかった。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:09コメント(0) この記事をクリップ!

2019年11月07日

やや円安気味のレンジ相場

 今年は、米中貿易摩擦やBREXITで相場が荒れる局面もありましたが、この問題も長期化して、市場も反応が鈍くなっています。そういうことを考えると、12月12日にイギリスで総選挙があるので、少しそれに振り回されるときもあるかもしれませんが、それ以外に相場を動かすようなものが見つかりません。そうであれば、今年はこのまま膠着状態が続くのだと思います。

 その上で、トレード戦略を考えると、やや円安気味のレンジ相場という想定でドル円やクロス円でのレンジトレード、入りは買いからということで、押し目買いを基本戦略としたいと思います。ドル円は108円台前半、ユーロ円は120円近辺を買いの目処と考えています。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 12:18コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円は4日ぶり反落

・ドル円は4日ぶりに反落。しばらくは109.00円を挟んだ狭いレンジ取引が続いていたが、米政府高官の話として「米中の第1段階の通商合意の署名が12月にずれ込む可能性がある」と伝わると、米国株の失速とともに円買い・ドル売りが優勢となった。米10年債利回りが1.80%台まで低下したことも相場の重しとなり、一時108.82円と日通し安値を付けた。
 ただ、米国株が引けにかけて下げ幅を縮めるとドル円にも買い戻しが入り109.02円付近まで下げ渋った。対ポンド中心にドル高が進んだ影響も受けた。

・ポンドは軟調。英議会下院は6日未明に解散し、12月12日の総選挙へ向けた選挙活動が本格的に始まった。英国のEU離脱を巡る先行き不透明感からポンド売りが出やすい中、英総選挙を巡る調査会社ユーガブとスカイニュースによる世論調査で、英与党・保守党の支持率が36%と前回から2%低下したと伝わるとポンド売りが活発化。ポンドドルは一時1.2844ドル、ポンド円は139.88円、ユーロポンドは0.8617ポンドまでポンド安に振れた。
 なお、最大野党・労働党の支持率は25%となったほか、EU残留を主張する自由民主党は17%と前回から1%上昇、ブレグジット党は11%と変わらずとなった。

・ユーロドルは小幅ながら3日続落。欧州市場では10月独・ユーロ圏のサービス部門PMI改定値が予想より強い結果となったことを受けて一時1.1093ドルと日通し高値を付ける場面もあったが、NY市場では弱含んだ。IMFが今年のユーロ圏経済成長率見通しを従来の1.3%から1.2%に下方修正したことなどが嫌気されて、一時1.1065ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は4日ぶりに反落。米中首脳の合意署名が遅れる可能性が伝えられたことでリスク回避的な円買い・ユーロ売りが優勢となり、3時過ぎに一時120.48円と日通し安値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:26コメント(0) この記事をクリップ!

2019年11月06日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。米中貿易協議の進展期待を背景に米国株相場が連日で史上最高値を更新すると、投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から円売り・ドル買いが先行。10月米サービス部門PMI改定値が50.6と予想の51.0を下回り、10月米総合PMI改定値が50.9と前月の51.2から下方修正されたことが分かると一時108.81円付近まで売られる場面もあったが、下押しは限定的だった。その後発表された10月米ISM非製造業指数が54.7と予想の53.5を上回ったことが明らかになると一時109.24円と日通し高値を更新している。米10年債利回りが一時1.8708%前後と9月16日以来の高水準を付けたことも相場の追い風。

・ユーロドルは続落。米長期金利の上昇や予想を上回る米ISM非製造業指数を理由にユーロ売り・ドル買いが進行。10月25日の安値1.1073ドルを割り込み、一時1.1064ドルまで下値を広げた。ユーロ豪ドルやユーロスイスフランなどユーロクロスの下落につれた売りも出た。
 なお、ユーロ豪ドルは一時1.6044豪ドル、ユーロスイスフランは1.0980スイスフラン、ユーロカナダドルは1.4545カナダドル、ユーロポンドは0.8585ポンドまでユーロ安に振れた。

・ユーロ円は小幅ながら3日続伸。欧州市場では一時121.30円と日通し高値を付ける場面もあったが、NY市場ではユーロドルの下落につれた売りが優勢となり一時120.70円と日通し安値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:41コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)