2021年10月25日

ドル円、3日続落

・ドル円は3日続落。パウエルFRB議長がオンライン会合で、米経済の懸案となっている物価高や供給制約について「予想よりも長く、来年にかけて続く可能性が高い」と述べ、インフレ圧力の長期化に対する警戒感を示すと、米長期金利の上昇とともにドル買いが入り、一時113.87円付近まで値を戻した。
 ただ、同議長が「我々の見解では高インフレは緩和する可能性が高い」「利上げは時期尚早」と発言し、早期利上げを否定すると一転ドル売りが優勢に。4時30分過ぎに一時113.41円と日通し安値を更新した。週末を控えたポジション調整目的の売りも出た。
 なお、CFTCが発表した10月19日時点の建玉報告によると、CME通貨先物市場で非商業部門(投機筋)の円の対ドル持ち高は10万2734枚の売り越しと2018年12月以来の水準となった。市場では「過熱感」を指摘する声も出ている。

・ユーロ円は続落。ドル円の下落につれた売りが出たほか、米国株式市場で主要3指数がマイナス圏に沈むとリスク・オフの円買いが意識されて、一時131.92円と日通し安値を付けた。その後、ダウ平均はプラス圏を回復し史上最高値を更新したものの、S&P500とナスダック総合がマイナス圏で推移したこともあり、戻りは鈍かった。

・ポンドは全面安。「EUはアイルランド国境に関し英国との溝がこれ以上深まれば、ブレグジット合意の破棄を検討している」との観測報道が伝わると、ポンド売りが優勢となった。ポンドドルは一時1.3736ドルと日通し安値を付けたほか、ユーロポンドは0.8469ポンドと日通し高値を更新。ポンド円も本日安値となる155.93円まで値を下げた。

・ユーロドルは反発。ただ、NY市場に限れば大きな方向感は出なかった。パウエルFRB議長の発言を受けた米長期金利の動向に一喜一憂する展開。24時過ぎに1.1656ドルと日通し高値を付けたものの、すぐに失速し1.1622ドル付近まで押し戻された。引けにかけては1.1646ドル付近まで強含んだ。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:49コメント(0) この記事をクリップ!

2021年10月22日

ドル円、続落

・ドル円は続落。米長期金利の指標である米10年債利回りが低下に転じたタイミングで円買い・ドル売りが先行。ダウ平均や日経平均先物の下落に伴う円買いも入り、22時30分過ぎに一時113.65円と日通し安値を更新した。カナダドル円中心にクロス円が下落した影響も受けた。
 ただ、米10年債利回りが1.7029%前後と約5カ月ぶりの高水準を付けると、ドル買いの様相が強まり114.05円付近まで下げ渋った。
 なお、カナダドル円は一時91.89円まで値を下げる場面があった。WTI原油先物価格が80ドル台まで急落したことをきっかけに、産油国通貨とされるカナダドルに売りが出たほか、アジア時間に93.02円と2015年11月以来5年11カ月ぶりの高値を付けていただけに利食い売りが優勢となった。

・ユーロドルは7日ぶりに反落。NY時間に入り、しばらくは1.16ドル台半ばでのもみ合いが続いていたが、米長期金利が上昇傾向を強めると全般ドル買いが活発化した。5時30分過ぎに一時1.1620ドルと日通し安値を更新した。
 ポンドドルは1.3776ドル、豪ドル米ドルは0.7459米ドル、NZドル米ドルは0.7141米ドルまで値を下げたほか、米ドルカナダドルは1.2384カナダドルまで米ドル高・カナダドル安に振れた。

・ユーロ円は11日ぶりに反落。ダウ平均や日経平均先物の下落を背景に、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ユーロ売りが優勢となった。足もとで相場上昇が続いていただけに、利食い売りなども見られ、2時過ぎには一時132.26円まで値を下げた。

・トルコリラは急落。NY市場に入っても、トルコ中銀による大幅利下げをきっかけとしたリラ売りの流れが続いた。トルコ中銀はこの日、政策金利を現行の18.00%から16.00%へ引き下げると発表。市場では17.50%、もしくは17.00%への利下げが予想されていただけに、リラを売る動きが活発化した。対ドルで一時9.5333リラ、対円で11.94円といずれも史上最安値を更新した。
 市場では「トルコの実質利回りは大幅なマイナスとなっていることから、今回の利下げは無謀。リラ安によって実体経済が深刻な打撃を受けるリスクがある」との声が聞かれた。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:19コメント(0) この記事をクリップ!

2021年10月21日

ドル買いポジションンを持って待つ

 20日の海外市場では、一旦は利食い売りが出て114円付近まで下押ししていますが、先週もお伝えした通り、米国の金融政策の方向性やスケジュール感がはっきりしている以上、米長期金利の上昇とともにドル高方向へと抜けていくと考えています。

 ドル円は114円台後半のポイントを何度か試したあと、結局は上方向に抜けるイメージ。ユーロドルはドル円ほどの方向性はまだ出ないものの、最終的には下方向に抜けていくと思っています。対ポンドでのユーロ売りも再び強まっているので、ユーロドルの戻りが限定されているのだと思います。個人的には、ドル円のロングとユーロドルのショートポジションを持ったまま、ブレイクするのを待ちたいと思います。

 1点だけ注意したいことは、中国恒大集団の公式のデフォルト期限が週末の23日に設定されていること。この話題は市場参加者の中ではかなり食傷気味となっているようですが、一応警戒しておきます。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 11:04コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、5日ぶり反落

・ドル円は5日ぶりに反落。アジア時間に一時114.70円と約3年11カ月ぶりの高値を付けた反動でポジション調整目的の売りが優勢となった。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.61%台まで低下すると、ドル売りの様相が強まり一時114.08円と日通し安値を更新した。
 ただ、低調な米20年債入札を受けて米長期金利が上昇に転じるとドル円にも買い戻しが入り、114.36円付近まで下げ幅を縮めた。
 なお、クオールズFRB理事は「11月にテーパリング開始を決定し、2022年半ばまでに終了することを支持する」と明言した一方、「一時的に中断された供給に合わせて、いま需要を抑制することは時期尚早」と述べ、利上げを急ぐ必要はないとの考えを示した。

・ユーロドルは6日続伸。米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りが入り、2時30分過ぎには一時1.1659ドルと日通し高値を更新した。主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時93.54と日通し安値を付けた。
 FRBが公表したベージュブックでは「米経済は控えめから緩やかな成長率で推移した」との認識が示されたが、目立った反応は見られなかった。

・ユーロ円は10日続伸。21時過ぎに一時132.74円と日通し安値を付けたものの、そのあとは133.22円付近まで切り返した。ユーロドルの上昇につれた。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:37コメント(0) この記事をクリップ!

2021年10月20日

ドル円、4日続伸

・ドル円は4日続伸。米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6443%前後と5月20日以来約5カ月ぶりの高水準を付けると円売り・ドル買いが優勢になった。ダウ平均が200ドル超上昇したことも相場の支援材料となり、アジア時間の高値114.35円を上抜けて一時114.40円まで値を上げた。

・ユーロドルは5日続伸。欧州序盤に一時1.1669ドルと9月29日以来の高値を付けた影響が残ったものの、NY市場に限れば上値の重さが目立った。米長期金利の上昇に伴うユーロ売り・ドル買いが出たほか、ユーロポンドやユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落につれた売りが出て1.1630ドル付近まで下押しした。
 なお、ユーロポンドは0.8423ポンド、ユーロ豪ドルは1.5546豪ドル、ユーロNZドルは1.6230NZドルまで値を下げた。

・ユーロ円は9日続伸。ただ、NY市場に限れば133.00円を挟んだ狭いレンジ取引に終始した。ドル円とユーロドルの値動きの影響を同時に受けたため、相場は大きな方向感が出なかった。

・オセアニア通貨は堅調だった。米国株相場の上昇でリスクセンチメントに敏感な豪ドルやNZドルに買いが入った。豪ドル米ドルは一時本日高値となる0.7486米ドル、豪ドル円は85.54円まで値を上げたほか、NZドル米ドルは0.7172米ドル、NZドル円は81.96円と日通し高値を更新した。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:46コメント(0) この記事をクリップ!

2021年10月19日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。アジア時間と欧州時間に114.45円まで買われ上値を試したものの、前週末に付けた約3年ぶりの高値114.46円を上抜けることは出来なかった。2018年10月4日の高値114.55円や17年11月6日の高値114.73円が重要なレジスタンスとして意識されたこともあり、一時114.13円付近まで押し戻された。米10年債利回りが1.57%台まで上昇幅を縮めたことも相場の重し。
 ただ、市場では「いったん短期筋による売りが出たが、米金融政策正常化と金利の先高観が意識されており、円安・ドル高の流れは続いている」との指摘があり、下値は限定的だった。

・ユーロドルは小幅ながら4日続伸。ユーロ豪ドルやユーロポンドなどユーロクロスの上昇をきっかけに買いが先行。米長期金利が上昇幅を縮めたこともユーロ買い・ドル売りを促し、前週末の高値1.1619ドルを上抜けて一時1.1622ドルまで上値を伸ばした。
 なお、9月米鉱工業生産指数は予想を下回った一方、10月NAHB住宅市場指数は予想を上回るなど強弱入り混じる結果となったため、相場の反応は限られた。

・ユーロ円は8日続伸。ユーロドルやユーロポンドなどの上昇につれた買いが入り、1時30分過ぎに一時132.79円と6月17日以来約4カ月ぶりの高値を更新した。米国株相場が底堅く推移したことも相場を下支えした。

・トルコリラは下げ止まらず。対ドルでは一時9.3457リラと史上最安値を更新したほか、対円でも年初来安値となる12.22円まで値を下げた。トルコのエルドアン大統領は前週、トルコ中銀金融政策委員会(MPC)の3委員(2名の副総裁と1名の政策委員)を解任。トルコ中銀の独立性が失われる中、投資家のリラ離れが止まらない状況となっている。
 なお21日のトルコ中銀MPCでは、前回と同じ利下げ幅(100ベーシスポイント)を予想する向きが増えている。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:24コメント(0) この記事をクリップ!

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)