2018年01月22日

ドル円、続落

・ドル円は続落。市場では「WSJが『日銀は2%のインフレ目標達成に楽観的』と報じたことも材料視された」との指摘があり、欧州時間に110.496円まで下げた反動から110.781円まで持ち直したが、次第に110.60円前後で方向感が出なくなった。ただ、引けにかけては米10年債利回りの上昇幅拡大やダウ平均の50ドル超高を支えに110.842円まで買い戻しが進んだ。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反落。クロス円全般が売られた流れに沿って昨日安値の135.462円を下抜けた。ダウ平均の70ドル超安も重しとなり135.186円まで下げ足を速めた。その後しばらくもみ合いが続いたが、ダウ平均が引けにかけて持ち直すと135.50円台まで下げ渋った。

・ユーロドルは反落。欧州時間に1.22953ドルまで上げたが、1.2300ドル手前で上値の重さを確認すると失速した。ユーロ円の下落につれたうえ、米長期金利の上昇も重しとなり1.22149ドルまで弱含んだ。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:52コメント(0) この記事をクリップ!

2018年01月19日

ドル円、反落

・ドル円は反落。ナイト・セッションの日経平均先物が80円高から70円安まで失速したほか、ダウ平均が170ドル近く下落するとリスク回避目的の売りに押された。米共和党のマコネル上院院内総務の話として「政府機関閉鎖に備えている」と伝わると110.693円まで弱含んだ。その後、日経平均先物が100円高まで持ち直すと111.202円まで買い戻された。

・ユーロドルは反発。欧州時間から欧州通貨高・ドル安が進み1.22649ドルまで上げたが、一巡すると1.2240ドルを挟んだ神経質な動きが続いた。なお、この日発表された米経済指標は強弱まちまちの結果となった。

・ユーロ円は続伸。ユーロドルの上昇につれて136.311円まで上げた後、日経平均先物の失速やドル円の下落に押され135.50円台まで下げ足を速めた。もっとも、日経平均先物が持ち直すと136円台を回復した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:27コメント(0) この記事をクリップ!

2018年01月18日

緩やかな円安に

 今後の展開でありますが、この間もアメリカの長期金利は堅調に推移しており、10年物では2.6%を伺う展開となっています。17日には一時2.5904%まで上昇しています。ユーロ圏などの金融政策のほうに注目が集まってしまっていますが、アメリカの金利も堅調であるということを忘れてはいけません。


 また、日本も日銀の超長期債の入札金額を少しだけ減額したことを受けて、円高になる局面もありましたが、日本の金融政策がすぐに変更に向かうとはとても考えられません。そういう状況を考えると、ドル円はここから更に下落するようなことはないと思っています。

 日本の機関投資家も少しずつではありますが、ドル円が下がっていくところを断続的に買ってきています。さらには、110円台では、大きな輸入企業からも長期為替、いわゆるフラット為替といった長めの為替予約の引き合いがかなり活発に見受けられたとも聞いています。今後のイメージとしては、クロス円も含め、全体的に緩やかな円安に戻っていくような展開を予想しています。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 16:05コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、7日ぶり反発

・ドル円は7営業日ぶりに反発。しばらく110.75円前後で神経質な動きが続いたが、対資源国通貨中心にドル売り圧力が高まると110.602円まで下落した。もっとも、米10年債利回りが上昇幅を拡大するとドル買い戻しが優位に。ダウ平均の330ドル超高やナイト・セッションの日経平均先物の310円高も買いを後押しした。昨日高値の110.983円を上抜け111.359円まで上値を伸ばした。

・ユーロドルは下落。コンスタンシオ欧州中央銀行(ECB)副総裁のユーロ高けん制発言やフォワードガイダンス変更を急がない姿勢を嫌気して、欧州時間から売られた流れを引き継ぎ1.21966ドルまで下落した。ただ、昨日安値の1.21952ドルの下抜けに失敗するとショートカバーが進んだ。対資源国通貨中心にドル売り圧力も高まり、1.22879ドルまで持ち直した。その後、米長期金利が上昇幅を拡大するとドル買い戻しが加速。昨日安値を下抜け1.21774ドルまで一転下落した。

・ユーロ円は反発。コンスタンシオECB副総裁の発言が引き続き嫌気され135.155円まで弱含んだが、一巡すると下値が切り上がった。株価が大幅に上昇するとアジア時間高値の135.904円を上抜け、135.984円まで持ち直した。もっとも、引けにかけてはユーロドルの急失速を横目に伸び悩んだ。


(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:49コメント(0) この記事をクリップ!

2018年01月17日

ドル円、6日続落

・ドル円は6日続落。ダウ平均の280ドル超高を支えに110.881円まで上げる場面があったが、総じて110.75円前後での持ち高調整が続いた。その後、ダウ平均が100ドル超安まで一転下落すると売りが優勢に。昨日安値の110.326円を下抜け110.247円と9月15日以来の安値を付けた。ただ、引けにかけては110.50円台まで買い戻された。

・ユーロドルは横ばい。独連立協議が失敗との報道を受けて欧州時間から売りが進んだ流れを引き継いだ。ビルロワ仏中銀総裁が「最近のユーロ高は不確実性を生み出す」と発言したことも売りを誘い、1.21952ドルまで下落した。ただ、昨日安値の1.21873ドルを下抜け出来ず買い戻される展開に。バイトマン独連銀総裁が「年内の資産買い入れ終了が適切だろう」と述べたことも支えに1.2280ドル付近まで持ち直した。

・ユーロ円は4営業日ぶりに反落。独政局の先行き不透明感やビルロワ仏中銀総裁のユーロ高けん制発言を背景に134.98円まで売られた。ただ、135円割れの水準で下値の堅さを確認すると、バイトマン独連銀総裁の発言などを手掛かりに135.70円付近まで切り返した。もっとも、ダウ平均が一転下落した影響から買い戻しも一服した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 13:19コメント(0) この記事をクリップ!

2018年01月16日

ユーロドル、4日続伸

・ユーロドルは4日続伸。欧州の取引時間帯には一時1.22967ドルと2014年12月19日以来の高値を付けたものの、ニューヨーク市場に限れば1.2270ドルを挟んだもみ合いの展開に終始した。米国市場がキング牧師誕生日の祝日で休場となり、取引参加者が少なく大きな方向感は出なかった。

・ドル円は5日続落。対ユーロ中心にドル売りが進んだ流れに沿って一時110.326円と9月15日以来の安値を付けた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時90.279と2014年12月30日以来の低水準を更新した。

・ユーロ円は小幅ながら3日続伸。欧州市場では一時135.985円まで値を上げたものの、ニューヨーク市場ではドル円の下落につれた売りが出たため上値の重さが目立った。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:42コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)