2018年02月16日

ドル円、4日続落

・ドル円は4日続落。ナイト・セッションの日経平均先物やダウ先物、米10年債利回りが上昇したことを背景にアジア時間からの下落に対する反動から106.80円付近まで下値を切り上げたが、戻りは限定的だった。米10年債利回りが低下に転じ、ダウ平均もマイナス圏に沈むと106.192円まで下押しした。日本経済新聞が「日銀副総裁にリフレ派の若田部氏検討」と報じると106.80円台までショートカバーが進んだが、すぐに戻り売りに押され引けにかけては一時106.036円と2016年11月11日以来の安値を付けた。

・ユーロドルは5日続伸。ドル円が反発した場面では1.2450ドル台まで下押ししたが、引けにかけては全般ドル安が進んだ流れに沿って欧州時間の高値1.25101ドルに迫った。

・ユーロ円は反落。株高などを支えに133.10円台まで上げたが、ドル円の下落に伴った売りに押されるなど上値は重かった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:33コメント(0) この記事をクリップ!

2018年02月15日

リスクオフ

 これまでのようなリスクオフの状況になって、日本の機関投資家の動きもピタッと止まってしまいました。110円ぐらいまでは、買い注文が並んでいましたが、その後は、様子見気分が広がってしまい、ここに至っては、主だった買い注文がみられなくなってきました。そのことも円高を加速する要因になってしまっています。

 私自身は、リスクオフの流れの中で、一連のポジション調整が終わってしまえば、また、緩やかに円安方向に戻るのではないかと思っていますが、ドル高になるかと言えば、そうでもなさそうだというのが基本的な見方です。

 更にもう1つ指摘するとすれば、アメリカの財政赤字が予想以上に拡大することが、明らかになったことです。これが長期金利の上昇を加速する要因となっているとすれば、こちらはドル安要因とされてしまう可能性があるということです。これもドル高の流れを阻害する可能性があることも頭に入れておく必要があるかもしれません。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 11:52コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、3日続落

・ドル円は3日続落。1月米消費者物価指数(CPI)が予想を上回る強い結果だったことが伝わると、米長期金利の急伸とともに107.561円まで値を上げた。もっとも、同時に発表された1月米小売売上高が低調だったうえ、時間外のダウ先物が急落したためすぐに失速。欧州通貨や資源国通貨など幅広い通貨に対してドル安が活発化すると売りが優勢となり、1時前には2016年11月14日以来の安値となる106.723円まで値を下げた。一方で、ダウ平均が150ドル超安から280ドル超高まで一転上昇したうえ、米長期金利が一段高となったため下げ渋り。引けにかけては107.00円を挟んだもみ合いとなった。

・ユーロドルは4日続伸。良好な米インフレ指標が伝わると一時1.22762ドルまで売り込まれたが、その後は一転してドル売りが優勢となった流れに沿って急反発。一時1.2465ドルまで買い上げられた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時88.944まで低下した。

・ユーロ円は小幅に反発。一時131.60円まで下げる場面があったが、すぐにショートカバーの動きが強まり133.39円まで切り返した。総じてユーロドルにつれた値動きとなった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:56コメント(0) この記事をクリップ!

2018年02月14日

ドル円、続落

・ドル円は続落。ダウ平均の下落を嫌気して1時過ぎには一時107.411円と昨年9月8日以来の安値を更新した。もっとも、同日安値の107.323円が目先のサポートとして意識されると下げ渋り。引けにかけてダウ平均がプラス圏を回復すると107.80円台まで持ち直した。

・ユーロドルは3日続伸。ユーロ豪ドルなどユーロクロスが上昇した影響を受けるなど総じて底堅く推移し、一時1.23711ドルまで値を上げた。

・ユーロ円は反落。欧州時間に一時132.522円まで下げたが、その後はユーロ高が進んだうえ、株価の持ち直しを支えに133.20円台まで下値を切り上げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 10:10コメント(0) この記事をクリップ!

2018年02月13日

ドル円、下落

・ドル円は下落。米10年債利回りが低下に転じたことを嫌気した売りに押され、0時30分前には一時108.438円と本日安値を付けた。その後、米金利が再び上昇したうえ、ダウ平均が堅調に推移したことで108.813円まで持ち直したが、買い戻しも長続きしないなど総じて方向感がなかった。

・ユーロドルは続伸。欧州時間からの売りの流れが続き、22時30分過ぎには一時1.22351ドルと日通し安値を付けた。ただ、その後は対カナダドルなどでユーロ高が進んだ影響から1.22973ドルの高値まで持ち直した。

・ユーロ円は上昇。一時132.902円まで下げたが、その後は133円台半ばまで切り返し。ユーロドルにつれた動きとなった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 11:02コメント(0) この記事をクリップ!

2018年02月12日

ドル円、横ばい

・ドル円は横ばい。時間外のダウ先物の下落を背景に売りが先行。「政府、日銀総裁に黒田氏再任へ」との報道に買いで反応する場面もあったが、戻りは限られた。ダウ平均が350ドル近い上昇から500ドル超安まで一転下落すると、9月8日以来の安値となる108.046円まで売り込まれた。その後、ダウ平均が520ドル超高まで急速に持ち直すと108.80円台まで買い戻された。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。ダウ平均の一転下落を嫌気して131.983円まで大きく売られたが、ダウ平均が急速に持ち直すと133.30円台までショートカバーが加速するなど、株価動向に振らされた。

・ユーロ円は横ばい。しばらく1.2250ドルを挟んで方向感が定まらなかったが、ユーロ円の急落に押され1.22057ドルまで弱含んだ。もっとも、ユーロ円が大きく買い戻されると1.2250ドル台まで反発した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:25コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)