2017年03月24日

ドル円、8日続落

・ドル円は8日続落。前週分の米新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となり時間外の米10年債利回りが低下に転じたほか、米下院共和党がオバマケア代替法案関連の会合を延期すると発表すると売りが進行。前日安値の110.735円を下抜けて110.63円と昨年11月22日以来の安値を付けた。ただ、「米下院共和党はオバマケア代替法案について95%合意となった」との一部報道で一転してショートカバーが優勢に。2月米新築住宅販売件数が予想を上回ったことも買い戻しを誘い、米10年債利回りの一転上昇とともに一時111.308円まで反発した。もっとも、米下院が本日の採決を見送ったことが明らかになると110.758円まで失速する場面も見られるなど採決の行方を巡る報道に一喜一憂する展開となった。

・ユーロドルは続落。欧州時間には一時1.07681ドルまで下落したものの、NY時間に入ると全般様子見ムードが広がり、1.0780ドルを挟んだ狭いレンジ取引となった。

・ユーロ円は5日続落。ドル円と同様の値動きとなった。一時119.325円まで下げた後ショートカバーが入り120円台を回復したが、戻りも限られた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:25コメント(0) この記事をクリップ!

2017年03月23日

トランプ政権への不安

 米下院では本日23日にオバマケア代替法案が採決されます。市場では今週に入って「共和党内部での調整が進んでおらず、可決に十分な票が集まっていない」との憶測が台頭。ダウ平均の大幅な下落なども伴い、目先のトランプ政権に対する不安心理が高まっています。前日になっても「共和党内で26人が反対を表明しており、賛成票が7票足りない」との具体的な数字も表面化。直前になって「法案通過のために修正案も検討」していることが明らかになるなど、かなり不安定な状況が明るみとなりました。

 ドル円は、目先のサポートレベルとして重要視されていた2月7日の安値111.596円を3連休明けの21日に下抜けて下落。22日のNY市場では一時110.735円まで売り込まれることになりました。市場では、「長く続いてきたレンジ相場を下抜けたのでは」との見方も増えてきており、売り仕掛ける向きも多くなってきているようですが、23日の東京市場では再び111円台半ばまで買い戻しが入るなど、まだまだ完全に抜けてきたような勢いは感じられません。むしろ、110円台後半での「本邦実需勢の買い意欲の強さ」を目先は確認したような値動きとなっています。

 ただ、オバマケア代替法案に対する市場の反応などをみてもわかるように、まだまだトランプ政権に対する不安は続くことになります。たとえ戻りがあったとしても、しばらくは頭も重くなるという慎重な見方で臨みたいと思っています。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 14:02コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、7日続落

・ドル円は7日続落。米10年債利回りの低下を背景に売りが進行。ダウ平均やナイト・セッションの日経平均先物が下落したことも嫌気され、節目の111.00円を下抜けて110.75円まで値を下げた。一巡後は株価の買い戻しや米10年債利回りの低下幅縮小を支えに111.214円まで持ち直したが、「オバマケア代替案可決に十分な票が集まっていない」と伝わると売りが再開。3時過ぎには一時110.735円と昨年11月22日以来の安値を付けた。ただ、引けにかけては日経平均先物のプラス圏浮上などを受けて再び買い戻しが入り111.10円台まで下値を切り上げた。

・ユーロドルは反落。欧州時間に一時1.07761ドルまで下落したが、その後は米長期金利の低下を手掛かりに買い戻しが進んだ。前日高値の1.08193ドルを上抜けて1.08246ドルまで上昇。ただ、2月2日の高値1.08288ドルが目先のレジスタンスとして意識されると、ユーロクロスが下落した影響も受けて1.0800ドルを割り込むなど上値が重くなった。

・ユーロ円は4日続落。ドル円や株価下落につれる形で一時119.688円まで下げたが、その後は株価の買い戻しを支えに120円台を回復した。

(GI24から引用)




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:17コメント(0) この記事をクリップ!

2017年03月22日

ドル円、6日続落

・ドル円は6日続落。米10年債利回りが低下したことをきっかけに売りが先行した。ダウ平均が250ドル超下落したほか、ナイト・セッションの日経平均先物が360円下げたためリスク回避の売りが広がるなどその後も軟調に推移。2月7日安値の111.596円を下抜けて一時111.545円と昨年11月28日以来の安値まで売り込まれた。

・ユーロドルは上昇。欧州時間からの買いの流れが継続。米長期金利の低下が支えとなるなど総じて底堅く推移し、一時1.08193ドルと2月2日以来の高値を付けた。

・ユーロ円は3日続落。株価の大幅下落を背景に投資家のリスク志向低下を意識した売りが進み、日通し安値となる120.63円まで値を下げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:46コメント(0) この記事をクリップ!

2017年03月21日

ドル円、小幅ながら5日続落

・ドル円は小幅ながら5日続落。欧州序盤に112.458円まで下落した後は米10年債利回りが上昇に転じたことを支えに112.899円まで持ち直したが、戻りは限定的だった。米10年債利回りが再び低下したほか、ユーロ円やポンド円など欧州通貨のクロス円が下落したことにつれた面もあり、安値圏まで押し戻された。
 なお、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は「経済指標は横ばいであり、利上げを急ぐ必要はない」と述べたほか、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁は「今年3回を超える利上げの可能性を排除しない」などと語るなど米当局者からの発言が相次いだが、相場への影響は限られた。

・ユーロドルは横ばい。ポンドドルの下落につれたうえ、全般ユーロ安が進んだ流れに沿って売りが強まり、前週末安値の1.07276ドルを下抜けて1.07252ドルまで値を下げた。
 なお、ポンドドルは一時1.2335ドルまで下落。「メイ英首相が29日に欧州連合(EU)に対して正式な離脱通知を行う」と首相報道官が明らかにしたことで売りが進んだ。

・ユーロ円は続落。ユーロ売り圧力が高まると弱含み、一時120.715円まで下押しした。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:47コメント(0) この記事をクリップ!

2017年03月20日

ドル円、4日続落

・ドル円は4日続落。米10年債利回りが低下したことを背景とした欧州時間からの売りの流れが継続した。3月ミシガン大期待インフレ率が2.2%と過去最低値を更新したことも売りにつながり、前日安値の112.909円を下抜けると米10年債利回りの低下幅拡大とともに売りが加速。一時112.565円と2月28日以来の安値を付けた。米金利低下が一服すると売りは落ち着いたが、戻りも極めて限定的となった。
 なお、日米財務相会談では「為替の急変は世界経済の安定に悪影響を与えるとの考えで一致した」と伝わったが、相場への影響は限られた。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反落。仏大統領選の世論調査でルペン氏がリードを広げたことがわかったことをきっかけに売りが進み、一時1.07276ドルまで値を下げた。その後は米長期金利の低下に伴う買いが入った半面、ユーロ円が下落した影響も受けたため1.0740ドルを挟んで方向感が出なかった。

・ユーロ円は反落。仏大統領選の世論調査でルペン・リスクが意識されたため売られる展開となった。その後もドル円やナイト・セッションの日経平均先物の下落につれるなど軟調に推移し、一時120.82円まで下げ幅を広げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:20コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)