2016年08月30日

ドル円、小幅に4日続伸

・ドル円は小幅に4日続伸。英国がバンクホリデーの休場で市場参加者が少ないなか、しばらくは102.20円前後でのもみ合いが続いた。ただ、米10年債利回りが大幅に低下したことを背景にじりじりと売りに押され、取引終了にかけて一時101.866円と本日安値の101.836円に迫った。
 なお、7月米個人消費支出(PCE、季節調整済み)や7月米個人所得は予想通りの結果となったため、目立った反応は見られなかった。

・ユーロドルは続落。ユーロ豪ドルなどユーロクロスが下落したことにつれて一時1.11579ドルまで下押しする場面があった。もっとも、米長期金利の低下に伴って一巡後は1.1190ドル台まで下値を切り上げた。

・ユーロ円は横ばい。ドル円やユーロ豪ドルなどの下落に押されるなど総じて上値の重い値動きが続き、114.00円を割り込む場面があった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:50コメント(0) この記事をクリップ!

2016年08月29日

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。時間外の米10年債利回りが低下し、対資源国通貨を中心にドル安が進むと売りが先行。前日安値の100.303円を下抜けて100.194円まで下押しした。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長がジャクソンホールでの講演で「米利上げの根拠がこの数カ月で強まった」と発言したことが伝わると一時100.912円まで急反発したが、同時に「将来、幅広い資産の購入を検討する価値がある」「FRBの金融政策はあらかじめ決まっておらず、データ次第」とも述べたためすぐに失速。米10年債利回りの低下とともに100.063円の安値まで売り込まれた。ただ、100.00円割れに失敗するとその後は買い戻しが優勢に。フィッシャーFRB副議長が「イエレンFRB議長の発言は9月利上げの可能性と整合」と語ると米長期金利の急上昇につれて101.945円まで買い上げられ、その後引けにかけても底堅く推移した。

・ユーロドルは反落。イエレンFRB議長の発言が伝わると売買が交錯し、1.12419ドルまで下げた後すぐに1.13415ドルまで反発。ただ、ユーロクロスの売りが加速したうえ、フィッシャーFRB副議長の発言でドル買いが優勢となると下値を試す展開となり、一時1.11808ドルまで売り込まれた。

・ユーロ円は続伸。イエレンFRB議長の発言後はユーロドルにつれた動きとなり113.781円まで上げた後113.151円まで急失速。ただ、その後はドル円の急伸につれた買いが進み、一時114.143円まで再び上げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:24コメント(0) この記事をクリップ!

2016年08月26日

ドル円、続伸

・ドル円は小幅に続伸。欧州序盤に一時100.303円まで下げたが、その後は下値を切り上げる展開に。ジョージ米カンザスシティー連銀総裁が「過度の辛抱強さは正当化されない」「短期的な利上げにとってよい頃合いだ」などと述べたほか、7月米耐久財受注額や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強かったことで買いが強まり、一時100.616円まで上昇。アジア時間に付けた高値100.619円を前に上値を抑えられるとその後は100.50円付近でのもみ合いが続いていたが、引けにかけては買いが強まり100.62円と本日高値をわずかに更新した。

・ユーロドルは3営業日ぶりに反発。ユーロポンドやユーロ豪ドルなどユーロクロスの上昇につれてユーロ買い・ドル売りが進行。一時1.12977ドルまで値を上げた。その後もしばらくは高値圏での推移が続いていたが、ユーロクロスが失速すると次第に伸び悩み1.1270ドル台まで売りに押された。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反発。全般ユーロ高が進んだ流れに沿って一時113.583円まで値を上げたが、前日高値の113.586円が目先の上値目処として意識されると伸び悩んだ。ユーロドルと同様の値動きとなった。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:16コメント(0) この記事をクリップ!

2016年08月25日

膠着する相場

 金融市場は完全に膠着相場に入ってきました。もはや、「夏枯れ相場」というだけでは説明が付かないほどの膠着です。

 私自身もドル円で細かいレンジトレードを続けています。こういった膠着感が高まっている時というのは、レンジ設定の水準を間違えさえしなければ、意外と小銭を稼げることが多いので、割り切って少し考えてみていただければと思います。私自身は当面99-102円程度の中での小動きであるとの見通しのもとに、その範囲内でのレンジトレードを続けています。

 さて、材料が中々見つからない中で、市場関係者はFRBのイエレン議長が今週末26日にワイオミング州ジャクソンホールで開かれる米カンザスシティ連銀主催の年次シンポジウムで講演することに注目をしています。

 FOMCの執行部であるダドリーNY連銀総裁やフィッシャーFRB副議長が、いずれも利上げの必要性を強く主張していることから、益々議長の講演が待たれているわけですが、しかし、個人的には相場のトレンドを作るような発言がでてくるとは考えていません。9月利上げの可能性についても、どちらとも取れるような表現にとどめておくのではないでしょうか。でありますから、市場はその講演を消化すると、またレンジの動きに戻ってしまうようなイメージを描いています。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 17:53コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、反発

・ドル円は反発。欧州序盤に一時100.093円まで下落したものの、その後は徐々に下値を切り上げる展開に。ポンド円を中心にクロス円が堅調に推移したことが支えとなったほか、米10年債利回りが上昇したことを支えに買いが進み、一時100.612円まで反発した。その後引けにかけては100.45円前後で値動きが細った。
 なお、7月米中古住宅販売件数は年率換算で539万件と市場予想平均の551万件程度を下回ったが、反応は限定的だった。

・ユーロドルは続落。ユーロポンドやユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落につれる形で売りが進行。22日安値の1.12711ドルを下抜けると目先のストップロスを巻き込みながら1.12452ドルまで下げ足を速めた。もっとも、ユーロクロスの下落が一服すると1.1270ドル付近まで下げ渋った。

・ユーロ円は続落。対ポンドを中心にユーロ安が進んだ流れに沿って売りが強まり、一時112.788円まで下げる場面があった。もっとも、ユーロ売りが落ち着くと次第にショートカバーが入り113円台を回復した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:14コメント(0) この記事をクリップ!

2016年08月24日

ドル円、3日ぶり小反落

・ドル円は3営業日ぶりに小反落。米10年債利回りの動きにやや上下に振らされたものの、総じて100.15円を挟んだレンジ取引に終始。市場では「26日に予定されているジャクソンホールでのイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を前に様子を見る向きが多い」との指摘があった。なお、8月リッチモンド連銀製造業景気指数は予想より弱かった半面、7月米新築住宅販売件数は市場予想を上回るなど強弱入り混じる内容だったこともあり、相場への影響は限られた。

・ユーロドルは下落。欧州時間に一時1.13555ドルまで上昇したが、18日高値の1.13666ドルが目先のレジスタンスとして意識されると伸び悩み。ユーロポンドの下落も売りを誘い、一時1.13031ドルと日通し安値を付けた。

・ユーロ円は反落。ポンドやドルに対してユーロ売り圧力が高まった影響から徐々に弱含み、一時113.223円まで値を下げた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:13コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク



広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)