2020年02月17日

ドル円、小幅続落

・ドル円は小幅続落。米商務省が発表した1月米小売売上高(季節調整済み)は前月比0.3%増、自動車を除いた数値も前月比0.3%増といずれも市場予想通りの結果となったが、前月の数値が下方修正されたため円買い・ドル売りが先行。米10年債利回りが一時1.5712%前後まで低下したことも相場の重しとなり、24時前に109.70円と日通し安値を付けた。ただ、その後発表された2月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が100.9と予想の99.5を上回るとドル買い戻しが入り下げ渋った。
 もっとも、米国市場は週明け17日がプレジデンツデーの祝日で3連休となるため、大きな方向感は出なかった。NY時間の値幅は18銭程度、今日1日の値幅は21銭程度と小さかった。

・ユーロドルは3日続落。米国とカナダの3連休を控えた週末とあって、ポジション調整目的のユーロ買い・ドル売りが入ると一時1.0861ドルと日通し高値を付けたものの、買い戻しはあくまでポジション調整の域を出ず長続きしなかった。ユーロ圏の景気減速懸念や独政局の先行き不安も根強く、取引終了間際には1.0830ドル付近まで押し戻された。

・ユーロ円も3日続落。ユーロドルと同様にポジション調整目的の買いが先行し一時119.23円と日通し高値を付けたものの、その後失速。取引終了間際に一時118.88円付近まで売られ、アジア時間に付けた日通し安値118.87円に迫った。

・ポンドドルは下値が堅かった。ジョンソン英首相報道官が「ジョンソン氏は内閣に予算の5%削減を要請」と述べたと伝わると、英金利低下とともにポンド売りが先行し、22時30分前に一時1.3001ドルと日通し安値を付けた。ただ、売り一巡後は米長期金利の低下を理由にポンド買い・ドル売りが入ったため1.3053ドル付近まで値を戻している。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:24コメント(0) この記事をクリップ!

2020年02月14日

ポンド、全面高

・ポンドドルは上昇。ジョンソン英首相が内閣改造に踏み切る中、「ジャビド財務相が首相官邸との確執を理由に辞任した」と伝わると、一時1.2962ドル付近まで瞬間的に売られたものの、すぐに持ち直した。後任にジャビド氏の補佐役を務めたリシ・スナック財務首席政務次官が指名されたことで、市場では「来月示される予算案がより拡張的になる道が開けた」との見方が強まり、英金利上昇とポンド買い戻しにつながったようだ。節目の1.3000ドルを上抜けると断続的にストップロスを巻き込んで一時1.3070ドルまで上値を伸ばした。また、ユーロポンドは一時0.8296ポンドと昨年12月13日以来の安値を付けたほか、ポンド円は143.48円と1月24日以来の高値を付けた。
 スナック氏はゴールドマン・サックスやヘッジファンドでの勤務経験があり、保守党内ではジョンソン氏のEU離脱後の方針に沿った政策運営を進めるとみられている。

・ユーロドルは続落。ユーロ圏景気の減速懸念や独政治の先行き不透明感を背景としたユーロ売りが優勢となり、一時1.0834ドルと2017年4月24日以来約2年10カ月ぶりの安値を付けた。市場関係者からは「新型肺炎の感染拡大による影響からECBが予想より長期間にわたり低金利を維持するとの観測が出ている」との声が聞かれた。

・ドル円は反落。新型肺炎が流行する中国湖北省で報告された死者・感染者数の急増を受けて、感染拡大ペース鈍化への期待感が浮上した前日の状況から一転してリスク回避的な円買い・ドル売りが出た。欧州時間には一時109.62円と日通し安値を付けた。ただ、死者・感染者数の急増は集計基準の変更に伴う増加とされており、NY市場では下値の堅さが目立った。米国株が下げ渋ったことも相場の下支え要因となり、一時109.87円付近まで戻す場面があった。なお、米FOXニュースは「中国は新型コロナウイルス感染を少なくとも10万人過少報告している」と報じた。

・ユーロ円は続落。ユーロ全面安になった流れに沿って一時118.88円と昨年10月11日以来約4カ月ぶりの安値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:32コメント(0) この記事をクリップ!

2020年02月13日

ドル買いの基本方針

 本当に不思議なのですが、金融市場はコロナウイルス感染の拡大に対して、極めて冷静な反応を見せています。中国の代表的な株価指数である上海総合指数も新型コロナウイルス発生前の水準にまでほぼ回復してきました。アメリカのダウ平均も史上最高値を更新しています。どうして、こんなにも冷静なのかが正直不思議ですが、これが現実です。

 新型コロナウイルスの影響には、今後も注意をしておく必要はあると思いますが、たとえ深刻になっていったとしても、ドル優位の状況は変らないと思います。ただし、ドル円だけはリスクオフで円高になる影響を受ける可能性があるので、他の通貨とは少し違うかもしれません。ユーロドルを中心に、ドル買いの基本方針はそのまま維持しながらトレードに向かいたいと思います。







FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 11:07コメント(0) この記事をクリップ!

ユーロドル、反落

・ユーロドルは反落。欧州時間に発表された12月ユーロ圏鉱工業生産が予想を下回ったことで、ユーロ圏の景気懸念が広がりユーロ売りが先行。独政治の先行き不透明感を背景としたユーロ売りも出やすく、重要なサポートとして意識されていた昨年10月1日の安値1.0879ドルを下抜けると、一時1.0865ドルと2017年5月12日以来約2年9カ月ぶりの安値まで下げ足を速めた。
 メルケル独首相の退陣が近づく中、後継者とされていたクランプカレンバウアー氏が失脚し独政局が流動化。その後も政局を巡る混迷が伝えられている。
 ユーロスイスフランは一時1.0631スイスフランと2016年6月24日以来約3年8カ月ぶりの安値を付けた。

・ドル円は上昇。中国での新型肺炎の感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの見方から、投資家のリスク志向が改善。ドル円は欧州時間に一時110.13円と1月21日以来の高値を付けた。ただ、1月17日の高値110.29円がレジスタンスとして働くと109.92円付近まで伸び悩む場面があった。もっとも、対ユーロ中心にドル高が進んだ影響もあって下値は堅く、引けにかけては110.11円付近まで持ち直した。
 なお、パウエルFRB議長は米上院銀行委員会で「低水準の失業率、賃金の上昇、雇用創出の増加という現在の状況が継続しない理由はない」と述べ、「米経済の現状に不調も不均衡も存在しない」との考えを示したが、相場の反応は限られた。

・ユーロ円は反落。欧州時間に一時120.30円と日通し高値を付けたもののその後失速し、5時前にはユーロ全面安となった流れに沿って一時119.62円と日通し安値を付けた。

・NZドルは堅調。RBNZはこの日、予想通り政策金利を据え置き、声明では「21年3月まで金利水準を維持する」と指摘。オアRBNZ総裁は会見で「現時点では新型コロナウイルスの影響で利下げをする必要はない」との考えを示した。RBNZによる早期利下げ観測が後退したことで、NY市場でもNZドル買いが継続し、NZドル米ドルは一時0.6488米ドル、NZドル円は71.35円まで値を上げた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:26コメント(0) この記事をクリップ!

2020年02月12日

ユーロドル、7日ぶり小反発

・ユーロドルは7日ぶりに小反発。独政治の先行き不透明感が高まる中、パウエルFRB議長が議会証言の原稿で「重大な判断の見直しがなければ政策が適切である可能性が高い」と述べ、「当面の金融政策の維持」を示唆するとユーロ売り・ドル買いで反応。22時30分過ぎに一時1.0892ドルと昨年10月1日以来の安値を付けた。ただ、同日の安値1.0879ドルがサポートとして意識されると買い戻しが優勢となり、24時過ぎには1.0925ドルと日通し高値を付けた。ドルが欧州通貨やオセアニア通貨に対して下落した影響も受けた。主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時98.71まで低下した。
 なお、ラガルドECB総裁は講演で「金融政策は唯一のものではない」「政策の副作用は時間とともに大きくなる」などと述べたと伝わったが、相場の反応は限られた。

・ドル円はほぼ横ばい。新型肺炎の感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの見方から、過度な警戒感が後退。米国株相場が史上最高値を更新した場面では円売り・ドル買いが優勢となり、一時109.96円と日通し高値を付けた。
 ただ、節目の110.00円や7日の高値110.02円を上抜けることは出来なかった。欧州・オセアニア通貨に対してドル売りが進むと、ドル円にも売りが出て一時109.73円と日通し安値を付けた。

・ユーロ円は3日ぶりに小反発。独政局不安を背景に円買い・ユーロ売りが入り22時30分過ぎに一時119.60円と昨年11月25日以来の安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢となった。ユーロドルの持ち直しにつれた円売り・ユーロ買いが出て一時120.03円と日通し高値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:27コメント(0) この記事をクリップ!

2020年02月11日

ユーロドル、6日続落

・ユーロドルは6日続落。独最大与党・キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー党首が次期首相候補となることを断念し、近く党首も辞任する意向を固めたと伝わると、独政治の先行き不透明感からユーロ売りが優勢となった。市場では「先週、昨年11月と今年1月にサポートとして機能していた1.09ドル後半を下回ったため、下方向を意識した動きが加速した」との声も聞かれ、一時1.0908ドルと昨年10月2日以来約4カ月ぶりの安値を付けた。
 メルケル独首相の意中の後継候補として2018年末に与党党首を引き継いだクランプカレンバウアー氏の退場によって、後任首相選びは白紙に戻った格好だ。

・ドル円はほぼ横ばい。11−12日のパウエルFRB議長による議会証言に注目が集まる中、この日は米経済指標の発表などがなく動意に乏しい展開だった。今日の安値はアジア時間に付けた109.56円、高値もアジア時間に付けた109.88円で1日の値幅は32銭程度だった。

・ユーロ円は続落。メルケル独首相の後任選びが白紙に戻ったことを嫌気したユーロ売りが進み、一時119.68円と昨年11月25日以来の安値を更新した。
 なお、ユーロスイスフランは一時1.0660スイスフランと2017年4月17日以来約2年10カ月ぶりの安値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:25コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)