2021年11月30日

ドル円、3日ぶりに反発

・ドル円は3日ぶりに反発。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染拡大への懸念から、前週末に今年最大の下げとなったダウ平均が一時380ドル超上昇すると投資家の過度なリスク回避姿勢が後退し円売り・ドル買いが先行。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.56%台まで上昇したこともドル買いを促し、アジア時間の高値113.88円を上抜けて一時113.96円まで上値を伸ばした。10月米住宅販売保留指数が前月比7.5%上昇と予想の1.0%上昇を大幅に上回ったことも相場の支援材料。
 その後、ダウ平均が下げに転じるとドル円にも売りが出て113.56円付近まで下押ししたものの、バイデン米大統領が「現時点でロックダウンは考えていない」との見解を示すと、米経済の先行きに対する過度な懸念が後退しダウ平均が再び350ドル超上昇。ドル円も113.83円付近まで強含んだ。もっとも、引けにかけては米長期金利の動向につれて113.50円台まで押し戻されている。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は明日30日の米上院銀行委員会で「オミクロン株はインフレの不確実性を増大させる」「オミクロン株は経済、雇用に下振れリスクをもたらす」「FRBはインフレが定着することを阻止するため手段を講じる」「インフレを加速させる要因は2022年にかけて継続」(証言原稿)との見解を示すと伝わった。

・ユーロドルは3日ぶりに反落。21時前に一時1.1295ドル付近まで下げ渋る場面もあったが、アジア時間に付けた日通し高値1.1320ドルを上抜けることは出来なかった。米長期金利の上昇に伴うユーロ売り・ドル買いがじわりと強まると、一時1.1258ドルと日通し安値を付けた。ただ、引けにかけては1.1293ドル付近まで持ち直した。
 なお、11月独消費者物価指数(CPI)速報値は予想より強い内容となったものの、相場の反応は限られた。

・ユーロ円は小幅続落。アジア時間に一時127.49円と2月18日以来の安値を付けた影響が残ったものの、海外市場では下値の堅さが目立った。欧米株価の反発で投資家の過度なリスク回避姿勢が和らぎ円売り・ユーロ買いが出た。23時過ぎに一時128.38円付近まで持ち直した。
 もっとも、「オミクロン株」の詳細についてはまだ不明な部分が多く、積極的に上値を追う展開にはならなかった。アジア時間に付けた日通し高値128.67円を上抜けることは出来なかった。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:00コメント(0) この記事をクリップ!

2021年11月29日

ドル円、大幅続落

・ドル円は大幅に続落。南アフリカで感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異型が確認されたのをきっかけに経済の先行き不透明感が広がり、世界的に株価が急落。リスク・オフの円買い・ドル売りが優勢となった。米10年債利回りが一時1.4697%前後と10日以来の低水準を付けたことも相場の重しとなり、一時113.05円まで下げ足を速めた。その後の戻りも113.56円付近にとどまった。市場関係者からは「本日は米感謝祭翌日で米債券・株式・商品市場が短縮取引となったため、取引参加者が少なく市場流動性が低下。薄商いの中、値が振れやすい面もあった」との声が聞かれた。
 米感謝祭明けの米国株相場はダウ平均が一時1050ドル超下落したほか、ナイト・セッションの日経平均先物は大証終値比1280円安の2万7510円まで売り込まれた。WTI原油先物価格は一時14%超の暴落となった。
 なお、世界保健機関(WHO)は新型コロナ変異型を最も警戒レベルが高い「懸念される変異型」に分類し、「オミクロン株」と命名した。

・ユーロドルは続伸。米長期金利の大幅低下に伴うユーロ買い・ドル売りが優勢となり、6時30分過ぎに一時1.1331ドルと日通し高値を付けた。なお、新型コロナ変異株を巡る懸念が高まる中、米短期金融市場では米連邦準備理事会(FRB)による利上げ観測が後退した。

・ユーロ円は急反落。NY序盤に一時128.96円付近まで買い戻される場面もあったが、ドル円が下げ幅を広げるとユーロ円にも売りが出て一時127.80円と2月24日以来の安値を更新した。
 世界的な株安に伴うリスク・オフの円買いが優勢となり、ユーロ円以外のクロス円も軟調だった。ポンド円は150.73円、豪ドル円は80.48円、NZドル円は77.05円、カナダドル円は88.41円まで値を下げた。
 トルコリラ円は一時8.96円まで下落する場面があった。エルドアン・トルコ大統領が「トルコの金利は今後低下する」「国民が高金利に苦しむことはなくなるだろう」と述べ、低金利を維持する姿勢を改めて強調。トルコ中銀の金融緩和スタンスが継続するとの見方が広がり、リラ売りも進んだ。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:00コメント(0) この記事をクリップ!

2021年11月26日

ドル円、4日ぶり小反落

・ドル円は4営業日ぶりに小反落。米国市場が感謝祭の祝日で休場となり流動性が乏しい中、21時過ぎに一時115.24円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが進み115.39円付近まで持ち直した。
 ただ、そのあとはNY勢不在となる中、ポジション調整の動きが中心となったため狭いレンジ取引に終始した。NY時間の値幅は15銭程度、今日一日の値幅も22銭程度と小さかった。

・ユーロドルは反発。NY序盤に一時1.1230ドルと日通し高値を付けたものの、米感謝祭で市場参加者が少ない中、買い戻しの勢いは長続きしなかった。新型コロナウイルスの感染再拡大による行動制限の強化で、ユーロ圏の経済回復が鈍化することへの警戒感から、一時1.1206ドル付近まで下押しした。

・ユーロ円は小幅反発。欧州時間に一時129.53円と日通し高値を付けたものの、買い一巡後はじり安の展開に。3時30分前には129.28円付近まで下押しした。ユーロドルにつれた動きとなった。
 もっとも、米金融市場が感謝祭の祝日で休場となったほか、実質的に明日も休みとなることから商いは低調だった。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:11コメント(0) この記事をクリップ!

2021年11月25日

ドル円は120円に向かう動き

 ドル円はとうとう115円を上に抜けてきました。一気にというほどの勢いはありませんが、徐々に値上がりをしている感じです。以前からお話ししている通り、120円に向かう動きの中に入ってきていると私は考えています。

 また、ユーロドルにおいても、とうとう1.11ドル台にまで下落をしています。特に、ユーロドルに関しては、ドル高の影響だけではなく、ドイツを中心に欧州大陸の各国で新型コロナウイルスの感染拡大が再び爆発的に広がっていることもユーロの押し下げ要因となっています。こちらも1.05-1.06ドルの方向に向かっている動きの中にあると考えています。引き続き、ドル買いポジションをキープする方針でトレードを続けていきます。

 最後に、ドル以外の話に少し触れたいと思います。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は24日、政策金利のオフィシャルキャシュレートを0.25%引き上げましたが、市場では0.5%の引き上げを期待していた向きも多かったこともあり、かえってNZドルは下落するという動きとなりました。現在のFX市場は、各国、通貨の動きが金利動向から大きな影響を受けるということが分かりやすい例でした。今後も、FX市場は各国の金融政策を中心に動いていくことになりそうです。




FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 10:43コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。パウエルFRB議長が続投する見通しとなったことを受けた米利上げ前倒しへの思惑から、ドルを買う動きがこの日も継続した。ハト派として知られるデイリー米サンフランシスコ連銀総裁が「インフレ率が高止まりし、雇用の伸びが堅調に推移すれば、テーパリング加速を支持する」と述べたこともドル買いを促した。レジスタンスとして意識されていた2017年3月の高値115.51円をわずかに上抜けて、一時115.52円まで値を上げた。
 11月2−3日分のFOMC議事要旨で、「複数の当局者は高インフレが続けばテーパリングのペースを加速させ、予想よりも早くFF金利を引き上げる準備をする必要があるとの認識を示した」ことが明らかになったことも相場の支援材料。
 なお、翌25日の米感謝祭休場を前に本日は米経済指標の発表が相次いだ。7−9月期米GDP改定値や10月米耐久財受注額は予想を下回った一方、前週分の米新規失業保険申請件数や10月米PCEは予想を上回るなど強弱入り混じる結果となった。

・ユーロドルは反落。新型コロナの感染再拡大による行動制限の強化で、ユーロ圏の経済回復が鈍化することへの警戒感が広がり、ユーロ売り・ドル買いが進行。23時過ぎに一時1.1186ドルと昨年7月以来の安値を更新した。
 売り一巡後はショートカバーが入り、1.12ドル台前半まで下げ渋ったものの、米利上げ前倒し観測が高まる中、ユーロドルの戻りは限られた。
 なお、独中道左派の社会民主党(SPD)と自由民主党(FDP)、緑の党は3党による連立政権を発足させることで合意した。来月にはSPDのショルツ氏が16年にわたってドイツを率いてきたメルケル首相に代わる新たな首相に就任する見通しとなった。

・ユーロ円は3日ぶりに反落。欧州市場では独ロックダウン入りへの警戒感が高まり、一時128.69円まで売り込まれたものの、NY市場に入るとドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いがじわりと強まり129.32円付近まで値を戻した。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:23コメント(0) この記事をクリップ!

2021年11月24日

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。日本時間夕刻に米中関係悪化を警戒して一時114.49円まで売られたあとはじり高の展開となった。前日にバイデン米大統領がパウエルFRB議長を再任する方針を発表したことを受けて、米金融緩和の縮小が進むとの見方から円売り・ドル買いが進行。米長期金利の指標である米10年債利回りが約1カ月ぶりに1.68%台まで上昇したことも相場の支援材料となり、一時115.19円と2017年3月以来約4年8カ月ぶりの高値を更新した。

・ユーロドルは3日ぶりに反発。ただ、明日に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(11月2−3日分)などの重要指標を控えているうえ、25日の感謝祭の祝日を前に1.12ドル台半ばで大きな方向感は出なかった。

・ユーロ円は続伸。米株式市場でダウ平均やS&P500種株価指数が上昇すると円売り・ユーロ買いがじわりと強まり、1時30分過ぎに一時129.60円と日通し高値を更新した。ドル円の持ち直しにつれた買いも入った。

・産油国通貨は堅調だった。WTI原油先物価格の上昇を背景に、カナダドルやノルウェークローネに買いが入った。カナダドルは対米ドルで1.2660カナダドル、対円では90.95円と日通し高値を付けた。ノルウェークローネは対ユーロで10.0063クローネ、対円では12.94円まで値を上げた。
 米ホワイトハウスはこの日、石油価格の抑制に向け、戦略石油備蓄から5000万バレル放出すると表明。中国やインド、日本なども協調して国家備蓄を放出すると伝わった。ただ、この報道後に原油価格は上昇に転じ買い圧力は徐々に強まった。OPEC加盟国など主要産油国が増産計画を見直すとの見方が根強いことや、「石油備蓄放出による需給緩和への効果は限られる」との観測が買いを後押しした。



FX 新時代のトレード戦略
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:26コメント(0) この記事をクリップ!

スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)