2018年08月17日

ドル円、反発

・ドル円は反発。8月米フィリー指数が予想を大きく下回ったことで円買い・ドル売りが先行し一時110.56円付近まで下げたが、アジア時間に付けた日通し安値110.46円が目先サポートとして意識されると下げ渋った。
 米中貿易摩擦への警戒感が和らいだことで、ダウ平均が一時440ドル超上昇したことも円売り・ドル買いを促し、1時30分前に111.12円まで値を上げた。ナイト・セッションの日経平均先物が180円上げたことも相場の支援材料。
 ただ、ムニューシン米財務長官が「牧師が釈放されなければ追加制裁を準備する」と発言したことを受けて、トルコ情勢への懸念が改めて意識されるとやや上値が重くなった。

・ユーロドルは上昇。8月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や7月米住宅着工件数など低調な米経済指標が相次ぐと一時本日高値となる1.1409ドルまでユーロ高・ドル安が進んだ。
 ただ、米財務長官の追加制裁発言が伝わるとトルコ情勢への懸念が改めて意識され、一時1.1348ドル付近まで弱含んだ。

・ユーロ円は7営業日ぶりに反発。米中「貿易戦争」の収束期待が広がるなか、米国株が大幅に上昇すると投資家のリスク回避姿勢が後退し円売り・ユーロ買いが優勢に。1時30分前に一時126.49円と本日高値を付けた。ただ、米財務長官の追加制裁発言が伝わると125.88円付近まで押し戻される場面があった。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:20コメント(0) この記事をクリップ!

2018年08月16日

ドル円、反落

・ドル円は反落。トルコ情勢をめぐる懸念や中国経済の先行き不透明感から、投資家が運用リスクを回避する姿勢を強め円買い・ドル売りが先行。ダウ平均が一時330ドル超下落し、日経平均先物が340円下げると一時110.43円まで値を下げた。
 ただ、13日の安値110.11円が目先サポートとして意識されると下げ渋った。米国株相場や日経平均先物が下げ幅を縮めたことも相場の下支え要因となり、110.78円付近まで戻す場面があった。
 この日発表の7月米小売売上高や8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数は予想より良好な内容となったものの、相場の反応は限られた。

・ユーロドルはほぼ横ばい。トルコ情勢をめぐる懸念などから一時1.1301ドルと昨年6月28日以来の安値を付けたものの、節目の1.1300ドルの下抜けに失敗するとショートカバーが優勢に。カタールのタミム首長がトルコに対して150億ドルの直接投資を表明すると、リラが反発。ユーロドルにも買い戻しが入り一時1.1355ドルと日通し高値を付けた。
 トルコリラは底堅い動き。カタールがトルコに対して直接投資を確約したことで買い戻しが入り、ドルリラは一時5.8660リラの本日高値までドル安・リラ高が進んだ。

・ユーロ円は6日続落。ドル円や米国株相場の下落に伴う売りが出て一時124.91円と5月29日以来の安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢に。ユーロドルの持ち直しに伴う買いが入り125.73円付近まで上げた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 14:00コメント(0) この記事をクリップ!

欧州通貨に対してのドル高

 トランプ大統領は先週、トルコから輸入するアルミニウムと鉄鋼に対して関税を課すと発表しましたが、それに対して、トルコは乗用車やアルコール、たばこなど一部のアメリカ製品に対して、関税を課すという報復措置を課すと発表しました。

 トルコを取り巻く環境は益々厳しくなっています。今週の急落で市場に達成感が出てきているため、トルコリラも当面は上昇するかもしれませんが、エルドアン大統領の姿勢が変わらない限り、先行きは不透明です。

 総合的に考えると、欧州通貨に対してのドル高を予想して、ユーロドル、ポンドドルなどのショートが有効ではないでしょうか。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:13コメント(0) この記事をクリップ!

2018年08月15日

ドル円、3営業日ぶりに反発

・ドル円は3営業日ぶりに反発。ナイト・セッションの日経平均先物が150円下落したタイミングで一時110.76円付近まで売られたものの、下押しは限定的だった。
 米国株相場の反発や米長期金利の上昇を手掛かりに円売り・ドル買いが出たほか、欧州通貨やオセアニア通貨に対してドル高が進んだ影響を受けて一時111.32円まで値を上げた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時96.79まで上昇した。

・ユーロドルは3日続落。トルコ情勢への懸念が根強いなか、ユーロ売り・ドル買いが先行。前日の安値1.1365ドルを下抜けて一時1.1330ドルと昨年7月6日以来の安値を付けた。市場では「トルコ中銀は十分な対応を取っていないとの見方が多い」との声が聞かれた。
 もっとも、トルコリラの下落はひとまず一服した。ドルリラは一時6.3040リラまでドル安・リラ高が進んだほか、リラ円は17.70円まで反発した。

・ユーロ円は5日続落。ユーロ豪ドルやユーロカナダドルなどユーロクロスの下落につれた売りが出て一時125.81円と日通し安値を付けた。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 08:53コメント(0) この記事をクリップ!

2018年08月14日

ドル円、続落

・ドル円は続落。「トルコに拘束されている米国人牧師ブランソン氏が15日までに釈放される」との噂が伝わると、過度なリスク回避姿勢が後退。ダウ先物の持ち直しや日経平均先物の上昇に伴う買いが入り一時110.94円まで値を上げた。
 ただ、駐トルコの米大使館がこの噂を否定したこともあって、買い戻しの勢いは長続きしなかった。小高く始まったダウ平均が失速し150ドル超下げたことが相場の重しとなり、5時過ぎには一時110.60円付近まで上値を切り下げた。米10年債利回りが一時低下に転じたことも嫌気された。
 トルコリラ円はさえない展開だった。アジア時間早朝に一時15.46円と史上最安値を付けたあと、トルコ中銀の声明を受けて17.10円まで戻す場面があったがその後失速。1時過ぎに15.60円付近まで押し戻された。

・ユーロ円は4日続落。米国人牧師絡みの噂をきっかけにショートカバーが先行し一時126.78円と日通し高値を付けたものの、戻りは鈍かった。トルコ情勢をめぐる懸念が根強いなか、米国株の下落などが相場の重しとなった。

・ユーロドルは小幅ながら続落。終値は1.1410ドルと前営業日NY終値(1.1413ドル)と比べて0.0003ドル程度のユーロ安水準。米国人牧師絡みの噂で一時1.1433ドルまで値を上げたもののその後失速した。ユーロ円やユーロスイスフランの下落につれた売りが出た。トルコ情勢をめぐる懸念が根強いことも相場の重し。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:06コメント(0) この記事をクリップ!

2018年08月13日

ユーロ円、3日続落

・ユーロ円は3日続落。トルコリラが暴落するなか、トルコ向け債券の多い欧州の銀行中心に欧州株式相場が下落。米国株相場や日経平均先物も軟調に推移したためリスク回避目的の売りが優勢となった。一時126.01円と5月30日以来の安値を付けた。
 なお、リラ円は一時16.11円と連日で史上最安値を更新。トランプ米大統領が「トルコから輸入する鉄鋼・アルミの関税を2倍にすることを認めた」とツイートしたことを受けてリラ売りが加速した。エルドアン・トルコ大統領が自国民に「手持ちのドル、ユーロ、金をリラに転換せよ」と呼びかけたことも「かえってリラ不安を高めた」との指摘があった。

・ユーロドルは続落。欧州金融機関が保有するトルコ資産への懸念が高まり全般ユーロ売りが進行。2時30分前に一時1.1388ドルと昨年7月13日以来の安値を付けた。

・ドル円は反落。7月米CPIコア指数が前年比で予想を上回ったため111.12円付近まで値を戻す場面もあったが、上値は重かった。リラ円中心に新興国のクロス円が下落した影響を受けて一時110.51円と日通し安値を付けた。ダウ平均が一時280ドル超下落し、ナイト・セッションの日経平均先物が240円下げたことも相場の重しとなった。
 ただ、茂木敏充経済再生相が日米新通商協議(FFR)後に「日米は貿易拡大で合意」と述べると下げ幅を縮小した。トランプ米大統領の顧問弁護士ジェイ・セキュロー氏が「トルコ牧師問題は解決に近づいている」と述べたこともショートカバーを誘った。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 13:49コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)