2020年09月25日

ユーロドル、5日ぶり反発

・ユーロドルは5日ぶりに反発。欧州で新型コロナ感染が再拡大するなか、行動制限の強化による景気回復の遅れが懸念されてユーロ売りが先行。欧州株相場の下落に伴うリスク・オフのドル買いも入り、22時前に一時1.1627ドルと7月24日以来2カ月ぶりの安値を付けた。スペインでは新型コロナ感染者数が累計70万人を突破。感染が首都マドリードを中心に再拡大しており、当局者は「厳しい局面に差し掛かっている」と警鐘を鳴らした。また、フランスでは新型コロナの新規感染者が1万6000人近く報告され、1日あたりの感染者数として過去最多を記録した。
 ただ、安く始まった米国株相場が持ち直すとリスク・オフのドル買いが後退。次第にユーロ買い・ドル売りが優勢となり、3時前に一時1.1687ドルと日通し高値を更新した。足もと下落が続いていた金価格が反発したことで、対資源国通貨中心にドル売りが進んだ影響も受けた。

・ドル円はほぼ横ばい。日本時間夕刻に一時105.21円の日通し安値を付けたものの、売り一巡後は徐々に下値を切り上げた。20時30分前には前日の高値105.49円を上抜けて一時105.53円まで値を上げた。もっとも、NY市場に限れば狭いレンジでのもみ合いに終始した。NY時間の安値は105.32円で値幅は21銭程度と小さかった。
 なお、前週分の米新規失業保険申請件数は予想より弱い内容となった半面、8月米新築住宅販売件数は予想より強い内容となるなど強弱入り混じる内容となったため、相場の反応は鈍かった。

・ユーロ円は上昇。欧州株安を受けて22時前に一時122.58円と日通し安値を付けたものの、米国株の上昇に伴う円売り・ユーロ買いが出ると123.16円と日通し高値を更新した。

・南アフリカランドは堅調。ダウ平均が一時330ドル超上昇したことを受けて、リスク・オンのドル売りや円売りがランドに対しても出た。足もと下落が続いていた金価格が反発したことで、資源国通貨とされるランドに買いが入った面もあった。ランドは対ドルで一時16.8640ランド、対円で6.25円まで上昇した。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:16コメント(0) この記事をクリップ!

2020年09月24日

ドル円のレンジ取引を

 今後どうなるかということですが、実は、ポンド円、ユーロ円を始め、主要なクロス円はチャートを下に抜けています。ポンドドルだけではなく、ユーロドルもチャートを下抜けています。

 一方、ドル円は104.00円がかなり堅かったという印象です。ユーロドルの直近のロングポジションはピークよりは減っているものの、まだまだ高水準であることを考えると、全体的に戻りの力は弱いと思います。

 個人的には、簡単に崩れすぎたので、ここからは一旦収まる可能性が高いと思ってはいますが、なにせ、チャートを下に抜けてしまっているものが多いので、十分注意が必要です。安全にいくのなら、ドル円を104-106円のレンジと決めて、レンジ取引をするのが一番いいかと思います。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 10:27コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、3日続伸

・ドル円は3日続伸。金や銅など貴金属価格が軒並み下落するなか、資源国通貨に対してドル高が進むと円に対してもドル買いが先行。米10年債利回りの上昇も相場の支援材料となり、4時過ぎに一時105.49円と日通し高値を付けた。ダウ平均が一時570ドル超下落し、ナスダック総合が3%超下落したこともリスク・オフのドル買いを誘った。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は米下院特別小委員会の公聴会で、金融当局によるメインストリート貸し付けプログラム(MSLP)について「基本的に考え得る措置は全て実施した」などと述べた一方、「新型コロナウイルス禍からの景気回復の道のりは長く、米議会とFRBの双方が回復への取り組みを続ける必要がある」と強調した。

・資源国通貨は軟調だった。金属相場の下落を受けて、資源国通貨とされる豪ドルや南アフリカランドに売りが集まった。豪ドル米ドルは一時0.7069米ドルと7月24日以来の安値を付けたほか、ドルランドは17.1026ランドと8月27日以来の高値を付けた。

・ユーロドルは4日続落。対資源国通貨中心にドル高が進むと、ユーロに対してもドル買いが先行。米国株相場の下落を背景にリスク・オフのドル買いも散見され、一時1.1652ドルと7月27日以来の約2カ月ぶりの安値を付けた。米長期金利の上昇やユーロポンドの下落につれた売りも出た。市場関係者からは「欧州で新型コロナ感染が再拡大するなか、行動制限の強化による景気回復の遅れが懸念されてユーロは上値の重い展開だった」との声が聞かれた。主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時94.43と7月24日以来約2カ月ぶりの高水準を付けた。

・ユーロ円はほぼ横ばい。ドル円の上昇につれた円売り・ユーロ買いが出て2時前に一時123.19円と日通し高値を付けたものの、ユーロドルの下落につれた売りが出ると値を消した。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:09コメント(0) この記事をクリップ!

2020年09月23日

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。20時前に一時104.41円と日通し安値を付けたものの、NY勢がドル買いで参入すると次第に強含んだ。ダウ平均が一時180ドル超上昇したほか、米10年債利回りが上昇に転じたことも相場の支援材料。前日の高値104.86円や18日の高値104.87円を上抜けると上昇に弾みが付き、一時105.08円まで上値を伸ばした。ただ、引けにかけてはやや上値が重くなり、105円台は維持できなかった。
 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日、米下院金融サービス委員会で証言し「米国経済は回復基調にあるが、依然として不透明」「FRBは引き続き必要とされる期間、あらゆる政策手段を講じることにコミット」「金融だけでなく財政支援も必要」などと語ったが、前日に証言内容が伝わっていただけに目立った反応は見られなかった。

・ユーロドルは3日続落。欧州で新型コロナウイルスの感染再拡大による新たな規制強化が懸念されて、ユーロ売り・ドル買いが優勢となった。24時過ぎに一時1.1692ドルと7月27日以来約2カ月ぶりの安値を更新した。
 ポンドドルは新型コロナを巡る英政府の規制強化などを受けて売りが広がり、1時前に一時1.2711ドルと7月23日以来約2カ月ぶりの安値を更新した。

・ユーロ円も3日続落。ただ、NY市場に限ればドル円とユーロドルの値動きの影響を同時に受けたため、相場は方向感が出なかった。

・トルコリラは足もとの下落傾向が継続。対ドルで一時7.6708リラ、対円で13.63円と史上最安値を更新した。なお、今週24日にはトルコ中銀が政策金利を発表する。市場では金利据え置きとの見方が大勢を占めるものの、一部では「リラの下落を食い止めるため、利上げに踏み切る」との予想も出ている。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:00コメント(0) この記事をクリップ!

2020年09月22日

ユーロドル、続落

・ユーロドルは続落。欧州各地で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることや、米政府の内部文書(フィンセン文書)で複数の世界的な大手金融機関が過去20年近く巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されていた疑いがあることが発覚したことで欧米株相場が急落。リスク・オフのドル買いが優勢となった。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が「我々はユーロの上昇に注意を払っている」と述べたことも相場の重しとなり、一時1.1732ドルと8月12日以来の安値を付けた。
 なお、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は証言原稿で「景気の先行きは非常に不透明。新型コロナウイルスや政策に左右される」との見解を示したと伝わったが、相場の反応は限られた。

・ドル円は6日ぶりに小反発。欧州市場序盤に一時104.00円と3月12日以来約半年ぶりの安値を付けたものの、まとまった規模の買い注文が観測されている104.00円の買いオーダーをこなすことができず、次第に下値の堅さが意識された。NY時間に入ると、短期勢のショートカバーが強まり一時104.86円と日通し高値を更新した。ダウ平均が一時940ドル超下落すると104.45円付近まで下押しする場面もあったが、そのあとは再びリスク・オフのドル買いが優勢となったため104.84円付近まで持ち直している。市場では「日本の4連休で市場参加者が少なく、円相場は通常よりも値が振れやすくなっている」との声が聞かれた。

・ユーロ円は続落。欧米株価の急落を受けて円買い・ユーロ売りが先行し一時122.52円と日通し安値を付けたものの、ドル円の上昇につれた買いが入ると123.40円付近まで下げ幅を縮めた。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:38コメント(0) この記事をクリップ!

2020年09月21日

ドル円、5日続落

・ドル円は5日続落。欧州時間に104.27円まで下げ、NY序盤でも下攻めを試みるものの、7月31日安値の104.19円のブレイクに失敗すると、引けにかけては週末を前にした買い戻しが入った。4時過ぎに104.63円付近まで戻し、値を保ちながら取引を終了した。

・ユーロドルは小反落。NY勢参入後はドルの買い戻しが散見され、9月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)が予想を上回ったことが伝わると1.1826ドルと本日安値を付けた。ただ、ロンドンフィキシング(日本時間24時)に向けたドル売りのフローが観測され1.1870ドルまで反発。一方、引けにかけて全般ドルの買い戻しが再び強まったため1.1840ドル台まで押し戻された。ルメール仏財務相が新型コロナウイルスで陽性反応が出たとの報道が伝わったことも重し。
 なお、ポンドドルは軟調。英国内で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、ロックダウンへの警戒感から1.2915ドルまで下落した。ジョンソン英首相は「新型コロナ感染拡大の第2波がきている」と警告した。

・ユーロ円は反落。欧州時間からの円高の流れから123.44円まで下げたが、ドル円の反発を横目に124.00円付近まで切り返した。



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 07:52コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)