2017年04月28日

ドル円、上昇

・ドル円は上昇。時間外のダウ先物が上昇するにつれて次第に強含んだ。全般ドル高が進んだ影響を受けたほか、3月米住宅販売保留指数が市場予想を上回ったことも支えとなり、23時過ぎには一時111.60円と本日高値を付けた。ただ、銅や原油など商品先物相場の下落をきっかけに豪ドル円などクロス円が売り込まれると失速。米10年債利回りが低下したことも嫌気され、一時111.045円まで下落した。一方で、アジア時間に付けた安値111.02円が目先のサポートとして意識されるとその後は111.20円前後でのもみ合いとなった。

・ユーロドルは続落。欧州中央銀行(ECB)は予想通り政策金利を現行の0.00%で据え置き、ドラギECB総裁が定例記者会見で「経済に対する下サイドのリスクはさらに低下した」と述べたことに買いで反応。一時1.09329ドルと本日高値を付けたが、「出口戦略の順序を現時点で議論する必要はない」「インフレ見通しを修正するための十分な確証は見られない」「依然として脆弱な点が多くある」と出口戦略について消極的な姿勢を示すと一転して売りが優勢に。前日安値の1.08564ドルを下抜けて1.08518ドルまで下げ足を速めた。もっとも、一巡後はショートカバーの動きから1.08ドル台後半まで下げ渋った。

・ユーロ円は続落。ドラギECB総裁の会見が始まると121.893円まで上昇したが、その後は同総裁からハト派的な見解が目立つと戻り売りが優勢となった。軟調な商品相場を背景にリスク回避を目的とした売りも重なり、一時120.609円まで下げる場面があった。もっとも、商品相場が持ち直すと次第に買い戻しが入り121円台を回復した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:58コメント(0) この記事をクリップ!

2017年04月27日

いずれは再燃

 いくつかの不安材料が更に円高を進める可能性がありましたが、結局全ての不安材料が大事には至っていません。

 アメリカと北朝鮮の間での緊張の高まりから、市場が不安定になっていましたが、北朝鮮は今のところ、核実験などを見送っています。どうやら、中国が石油(重油)を北朝鮮に供給しないことをほのめかして自制を促しているようです。とりあえず、一旦は難を逃れたという状況ですが、今後とも注意が必要です。当面は膠着状態が継続するでしょう。

 トランプ米大統領がドルは強すぎると発言して、ドル安圧力がかかりましたが、その後、ムニューシン米財務長官が「長期的には強いドルが望ましい」と発言したことや、G20財務大臣中央銀行総裁会議で、為替相場について特段変わった議論がなかったため、その後はドル安圧力が和らいでいます。

 フランスの大統領選挙もマクロン氏が5月7日の決選投票で勝利する公算が非常に高くなったことで、EU離脱リスクが遠のいたため、ユーロ買いだけではなく、リスクオンになり、株価も上昇、円安が進行しています。

 ちょっと警戒し過ぎてしまいました。ただ、北朝鮮の問題も何も解決していませんし、トランプ米大統領は短期的にドルが強すぎることに不満をもっているのは事実なので、また、この問題はいずれ再燃するでしょう。




FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 16:45コメント(0) この記事をクリップ!

ドル円、横ばい

・ドル円は横ばい。ムニューシン米財務長官が「米史上最大の減税、税制改革になる」「目標は税制改革の恒久化」などと述べると米10年債利回りが上昇に転じるとともに買いが強まった。対オセアニア通貨を中心にドル高が進んだほか、「米共和党の自由議員連盟はオバマケア代替法案への支持を表明」との報道も支えとなり、一時111.779円まで上値を伸ばした。ただ、トランプ米政権が法人税の15%への大幅引き下げを柱とする大型税制改革の基本方針を公表すると材料出尽しとして一転して売りが優勢に。ムニューシン米財務長官が「税制改革の財源は成長によって自ずと賄われる」と述べるなど財源についての具体策が示されなかったことも嫌気されたうえ、引けにかけてダウ平均が下げに転じ、米10年債利回りが低下するにつれて売りが加速。取引終了前に本日安値となる110.874円まで下げ足を速めた。

・ユーロドルは5営業日ぶりに反落。欧州時間からの売りの流れが継続。ドル買い圧力が高まった影響も受けて一時1.08564ドルまで下げ足を速めた。もっとも、米税制改革案の基本方針公表後に一転してドル安が進むとショートカバーが入り1.09ドル台を回復した。

・ユーロ円は3営業日ぶりに反落。ドル絡みの取引が中心となったためしばらくは121.40円を挟んだもみ合いが続いた。ただ、米国株や日経平均先物の失速を受けてクロス円が全般売られ、一時120.917円まで下落した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:58コメント(0) この記事をクリップ!

2017年04月26日

ドル円、続伸

・ドル円は続伸。北朝鮮を巡る地政学リスクへの過度な警戒感が後退したことを受けた欧州時間からの買いの流れが継続。市場では「本邦長期資金から買いが観測された」との指摘があり、111円台に乗せた。ダウ平均が260ドル超上昇し、米10年債利回りが上昇幅を広げたため、その後も底堅く推移し一時111.189円まで上値を伸ばした。
 なお、3月米新築住宅販売件数や4月リッチモンド連銀製造業景気指数は予想を上回った半面、4月米消費者信頼感指数は予想より弱い内容となるなど、この日発表された米経済指標は強弱入り混じる結果だった。

・ユーロドルは4日続伸。欧州政治リスクの後退をきっかけに全般ユーロ高が進んだ流れに沿って、昨年11月10日以来の高値となる1.09501ドルまで値を上げた。もっとも、一巡後は利食い売りに押されるなど引けにかけては伸び悩んだ。

・ユーロ円は大幅に続伸。北朝鮮問題や仏政局不安などに対する投資家の回避姿勢が和らぎ、足もとのリスク・オフの動きを巻き戻す動きが活発化。株高とともに円売り・ユーロ買いが優勢となり、一時121.645円と3月21日以来の高値まで買い上げられた。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:50コメント(0) この記事をクリップ!

2017年04月25日

ドル円、反発

・ドル円は反発。米10年債利回りが上昇幅を縮めたことを背景に売りが先行。ナイト・セッションの日経平均先物が80円下落したことも嫌気され、アジア時間の安値109.825円を下抜けた。市場では「朝鮮人民軍創建85周年を控えて地政学リスクが高まっている」との指摘があるなか、その後も総じてさえない値動きが続き、一時109.661円まで値を下げた。

・ユーロドルは大幅に3日続伸。仏大統領選を受けたNY勢の反応は鈍く、1.08ドル台半ばでのもみ合いとなった。なお、「トランプ米大統領は法人税率を15%に引き下げることを要請」との報道が伝わったが、相場への影響は限られた。

・ユーロ円は大幅に反発。日経平均先物の下落などを受けて全般円高が進んだ流れに沿って日通し安値となる118.919円まで下押し。もっとも、その後に株価が持ち直したこともあり119円台前半まで下げ渋った。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:45コメント(0) この記事をクリップ!

2017年04月24日

ドル円、3営業日ぶりに反落

・ドル円は3営業日ぶりに反落。週末を控えて持ち高調整売りに押されたほか、ユーロ円などクロス円の下げにつれて売りが先行した。米10年債利回りの低下も重しとなり、2時過ぎには一時108.883円と本日安値を更新した。もっとも、トランプ米大統領が「企業と個人の大幅減税を含む税制計画を来週発表する」と述べると、米長期金利の低下幅縮小や株安一服に伴って買い戻しが優勢となり、3時前には109.321円まで反発。その後は109円台前半での神経質な値動きとなった。
 なお、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日に閉幕。通貨安競争や為替の急変動を回避するとした従来の合意を再確認したほか、貿易問題についても話し合い、保護主義の抑止を模索した。

・ユーロドルは続伸。23日のフランス大統領選第1回投票を前に持ち高調整目的の売りに押され、2時前には一時1.06824ドルまで下押す場面もあったが、売りの勢いも長続きしなかった。引けにかけては買い戻しが入り、1.0730ドル付近まで下げ渋った。

・ユーロ円は5営業日ぶりに反落。ユーロ売りが進んだ流れに沿って2時前に116.468円まで下げたものの、トランプ米大統領の発言が伝わると下値を切り上げる展開に。ユーロドルが引けにかけて買い戻されると117円台を回復した。

(GI24から引用)



FX 新時代のトレード戦略
FXトレードフィナンシャル社提供の『FXTFミラートレーダー』に、マットキャピタルマネージメントが監修したシグナルも配信しております。ぜひ一度お試しください。
↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓  ↓
http://www.fxtrade.co.jp/lp/
マット今井(今井雅人)が直接コメント欄に返信する事はございません。
書き込みはブログ本文でのみ行います。

→公式サイト「勝利の方程式」はこちら(メルマガも配信中!)
★Twitter → http://twitter.com/imai_masato
matt_i at 09:38コメント(0) この記事をクリップ!

案内


スポンサードリンク






広告





livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)